愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 気体を使ってクリーンな発電~問題の解決方法は?

もののしくみ研究室

2016年07月01日 06:00  学び~理科

気体を使ってクリーンな発電~問題の解決方法は?

今日は、前回に引き続き、2016年6月29日の朝日新聞の記事から。


『×××で××つくり、動かすフォークリフト 九州で実験』 朝日新聞

ネタバレになるので、「××」ばかりで、ごめんなさい。
で、「××」に入る言葉って、何かわかる子、いる?

「×××」や「××」を使うことで、地球温暖化の原因のひとつとなっている二酸化炭素(にさんかたんそ)を出すことなく、フォークリフトなどを動かくことができるんだ。
「×××」や「××」。
いったい、何だと思う?

ということで、今日は、前回の続きから。

『気体を使ってクリーンな発電~問題点は?』
http://rakuto-toyota.jp/e369638.html

----------------------------------------------------------

昨日は、水素を使って電気を作るというお話をしたよ。

『気体を使ってクリーンな発電~問題点は?』
http://rakuto-toyota.jp/e369638.html

今日は、その続き。

今、日本では、火力発電所が大活躍。
燃料をがんがん燃やして電気を作る火力発電所。
そこからは、たくさんの二酸化炭素が出される。

地球温暖化のひとつの原因ともいわれる二酸化炭素。
できることなら、たくさん出したくない。

そこで最近注目されているのが、水素。
水素を使うと、二酸化炭素を出さずに、発電することができる。

しかし、水素による発電には、まだまだ問題がある。
主な問題点としてあげられるのが・・・

<水素の作り方>
水素を作る時にたくさんの電気を使うので、結局たくさんの二酸化炭素が出てしまう。
<水素の運び方>
水素はとても危険なので、運ぶのに手間とお金がかかる。
・・・このふたつだ。

このふたつを、どうやって解決しよう?
みんな、何かよいアイデア、思いついた?


・・・


まずは、水素の作り方。

愛知県名古屋市の名古屋工業大学。
こちらでは、人口光合成という技術を応用して、太陽の光エネルギーを使って、水素を作ることに成功した。
これならば、二酸化炭素を出さずに、水素を作ることができる。
この方法について、くわしくは、こちらの記事を見てね。

『水素の作り方~二酸化炭素を出さずにできる?』
http://rakuto-toyota.jp/e307517.html

そして、最近の新聞には、こんな記事が。

『風力で水素製造 始動』 朝日新聞

風力、つまり風のエネルギーを使って、水素を作り出す実験が始まったんだ。
まずは、風力を使って、電気を作る。
そして、その電気を使って、水素を作るというわけだ。
この方法も太陽光と同じく、二酸化炭素が出てくる心配はない。

問題は、場所。
風力発電には、大きな風車がかかせない。
そして、できることならば、いつも強い風が吹いていてほしい。

人のじゃまにならないように大きな風車を建てることができて、いつも風が吹いているところ。
そんな場所がどこにあるかというと・・・島だ。


ここで、地理クイズ。

島国日本。
島の数は、およそ6800だ。

その日本の中で、一番たくさん島がある都道府県は、どこだ?
そこには、971の島があるよ。
予想してみてね。


・・・


答えは、長崎県。

風力で水素を作る実験。
その舞台は、長崎県の五島列島にある椛島(かばしま)だ。

椛島の沖合1キロメートルの場所に、大きな風車がたてられた。
直径80メートルの、とても大きな風車だ。

この風車で作られた電気は、海底のケーブルを使って、椛島に送られる。
そして、椛島に住んでいる人たちに、電気を送りとどける。

風が強くて、電気が余るような日には、その余った電気を使って、水素を作る。
水素にしておけば、後でそれを使って電気を作り出すことができる。
電気の貯金みたいなものだね。


太陽光や風力など、自然のエネルギーを使った発電は、その日の天気によって、電気が余ったり足りなくなったりすることがある。
余った時には、その電気で水素を作る。
そして、足りない時には、その水素でふたたび電気を作る。
こうして、自然エネルギーを使った発電の、天気に左右されるという弱点を、うめることができる。
これは、すごいね。


お次は、水素の運び方について。
数日後の朝日新聞には、こんな記事も。

『運べる電気 実験開始』 朝日新聞

椛島の実験では、できあがった水素をメチルシクロヘキサンというものに変身させて保存する。
なにやら難しい名前だけど、メチルシクロヘキサンは、文房具屋さんで売っている修正液の原料になっているもの。
水素と違って安全なので、気軽に運んだり保管することができる。
そして、必要な時は、いつでも水素に戻すことができる。
なるほど、危険な水素をいったん安全なものに変身させて、保管したり運んだりするというわけだ。

椛島の実験がうまくいけば、水素を「作る」「ためる」「使う」ための技術が大きく発展することになる。
地球の未来のため、ぜひ、うまくいってほしいね。


写真は、デンマークの首都コペンハーゲンで行われている風力発電の様子。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2)
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?
富士山噴火~本当にそんなことがおこるの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について
豊橋のミーアキャット~13匹の大家族に
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2) (2017-10-13 06:00)
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの? (2017-10-12 06:00)
 富士山噴火~本当にそんなことがおこるの? (2017-10-11 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの? (2017-10-06 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について (2017-10-05 06:00)
 豊橋のミーアキャット~13匹の大家族に (2017-10-04 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ