愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › トヨタのコンセプトカー「SETSUNA」~いったいどんな自動車なの?

もののしくみ研究室

2016年05月06日 06:00  学び~社会

トヨタのコンセプトカー「SETSUNA」~いったいどんな自動車なの?

イタリアのミラノ。
この4月、ここで、「ミラノデザインウィーク2016」というイベントが行われた。

ミラノは、「芸術の街(げいじゅつのまち)」と呼ばれるほど、美しい街。
その街で開かれる芸術に関するイベントだけに、その内容は世界中から注目を集める。


そのイベントで、トヨタ自動車が新しい車をおひろめしたよ。

名まえは、「SETSUNA(せつな)」。
これは、「刹那(せつな)」という言葉からとった名前だ。

刹那とは、とても短い時間のこと。
刹那という短い時間をくりかえしていくことで、かえがえのない大切なものが生まれてくるという思いを、この名前にこめたんだって。

コンセプトは、「木で作られた家族の財産(ざいさん)」。
「木で作られた」ということは、自動車のいろいろな所に、木が使われているんだろうね。


ここで、想像タイム。

トヨタ自動車が新しく発表した「SETSUNA」。
木が、たくさん使われているよ。

いったい、どこに木が使われていると思う?
想像してみてね。



・・・



自動車で木を使える所というと、やっぱり内装(ないそう)の部分かな・・・と思いきや。
なんと、ボディそのものが、木でできているんだって。
これは、すごい。

さらにすごいのは、ネジなどを使っていないところ。
送り蟻(おくりあり)と呼ばれる、木のそりをふせぐ方法。
くさびと呼ばれる、木と木としっかりとくっつける方法。
こうした日本伝統の技術を使って、ネジを使わずに、木と木がつなぎあわされている。
これまた、すごいね。


ところで、木で自動車を作って、いいところって何があるのかな?

普通の自動車ほど丈夫ではないので、スピードはあまり出すことができない。
いちばん速くて、時速45キロメートル。
これは、自動車としては、とてもゆっくりだ。
それでもわざわざ木で作るということは、それなりによいところがあるはずだ。

ここで、もう一度想像タイム。

普通の自動車のボディは、金属で作られていて、そこに色がぬられている。
それに対して、「SETSUNA(せつな)」のボディは、木でできていて、色がぬられておらず、見た目も木そのもの。

金属でできたボディは、年月をへても、そんなに見た目が変わらない。
それに対して、木のボディはどうだろう?

年月がたつと、どうなると思う?
想像してみて。



・・・



木で作られたものは、年月を重ねると、色が変わってくる。

決して、きたなくなるというわけではないよ。
色がこくなって深みが増して、とても味わいぶかい色にかわってくる。

なるほど、これならば、この車にこめられた「刹那という短い時間をくりかえしていくことで、かえがえのない大切なものが生まれてくる」という思いを実現できそうだ。


森林がたくさんあって、かつては林業大国だった日本。
最近では、外国から輸入された木材が使われることが多くて、日本の林業はちょっと元気がない。

そんな中、日本の木材を使い、日本の伝統技術をくしして作られた「SETSUNA(せつな)」。
日本のよいところを、目いっぱいアピールしてくれそうだね。

写真は、「SETSUNA(せつな)」。CNNサイトより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
地球温暖化~あの乗り物にも影響が!?
外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは?
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について
目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲)
赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 地球温暖化~あの乗り物にも影響が!? (2017-07-22 06:00)
 外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは? (2017-07-21 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について (2017-07-19 06:00)
 目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲) (2017-07-15 06:00)
 赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!? (2017-07-08 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ