愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 3月9日は部分日食~ところで日食ってなんだっけ?

もののしくみ研究室

2016年03月07日 06:00  学び~理科

3月9日は部分日食~ところで日食ってなんだっけ?

2016年3月9日、つまり明後日、日食を見ることができるよ。

インドネシアでは、皆既日食(かいきにっしょく)として見ることができる。
一方、日本では、部分日食(ぶぶんにっしょく)として見ることができる。
日本では、太陽の3分の1くらいが、欠けて見えるはずだ。

日食のおこる時間は、こんな感じ。
みんなが学校にいる時間だ。
もしも日食を観察する場合は、必ず専用のグラスを用意しよう。

<2016年3月9日の日食>
食の始まり:10時12分11秒
食の最大 :11時8分27秒
食の終わり;12時5分21秒


ところで、日食って、なんだっけ?
2012年の春には、日本で金環日食(きんかんにっしょく)なんてのを見ることができた。
中には、観察した子もいるんじゃないかな?
覚えてる?

・・・

太陽の周りを、地球がくるくる回っている。
一周、365日。
地球の公転(こうてん)というよ。

さらに。
地球の周りを、月がくるくる回っている。
一周、27日とちょっと。
こちらは、月の公転。

太陽と月と地球。
太陽~地球~月の順番でならぶと、満月だよ。
太陽の光がまんまんと月にあたって、月はまんまるに光る。

ただし。
これが、一直線にきれいにならぶと、かわったことが起こる。

地球の公転と月の公転は、それぞれちょっとずつ傾いていて、なかなか一直線にはならない。
でも、年に2~3回だけ、一直線にならぶ時があるんだ。

さて、いったい何が起こるでしょうか?

・・・

答えは、月食。

太陽の光を地球がさえぎって、月にあたらない。
だから、月は光らない。
まるで、消えちゃったみたいに見える。
消えちゃった部分は、実は地球の影なんだ。

太陽~月~地球とならぶと、新月だよ。
太陽の光があたるのは、地球から見て月の反対側。
地球から見える月は、まっくろ。
なんにも見えない。

こちらも、年に2~3回、一直線にきれいにならぶと、かわったことが起こる。
さて、いったい何が起こるでしょうか?

・・・

そう、これが日食。
月が、太陽をかくしてしまう。
日食は、年に2~3回、必ずおこる。

だけど、どこでも見ることができるわけではない。
まっすぐ並んだその時に、ちょうど太陽や月の方向にまっすぐ向いている地域でしかみることができないんだ。

今回の日食を、一番しっかりと見ることができたのは、インドネシア。
インドネシアから見ると、太陽~月~地球~見る場所が、びっしっとまっすぐぴったり並んでる。
そして、太陽の全部が、月にかくれちゃう。
これが、皆既日食と呼ばれるものだ。

太陽がかくれちゃうんで、お昼なのにちょっと暗くなる。
どきどきするね。


皆既日食は、1年半に一回くらい、世界のどこかで見ることができる。
でも、自分の住んでいるところでは、めったに見ることができない。

多くの場合は、ちょっとずれがあって、太陽がまるまるかくれることはなく、一部分だけがかくれる。
これを、部分日食という。


日本では、いつ見ることができるかというと・・・

2035年9月2日。
皆既日食!

富山や長野で見ることができる。
みんなは、何歳になってるかな?

特定の地域で、皆既日食を見ることができるのは、375年に1回くらい。
まだまだ先の話だけど、これはとても貴重な機会なんだ。


一方で、部分日食は、ちょくちょく見ることができるよ。

2016年3月9日(今回)
2019年12月26日
2020年6月21日
こんな感じ。

今回の日食をみのがすと、次の日食は3年後だ。
ぜひ、観察してみたいね。


日食や月食の詳しいことは、関連ブログを見てね。

<関連ブログ>
「日食と月食、どっちが多い?」
http://rakuto-toyota.jp/e274912.html
「12月には皆既月食!」
http://rakuto-toyota.jp/e274910.html
「日食の観察方法!」
http://rakuto-toyota.jp/e272056.html


写真は、月のマインドマップ。






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2)
富士山噴火~どんな被害が予想されるの?
富士山噴火~本当にそんなことがおこるの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの?
2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について
豊橋のミーアキャット~13匹の大家族に
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの?(その2) (2017-10-13 06:00)
 富士山噴火~どんな被害が予想されるの? (2017-10-12 06:00)
 富士山噴火~本当にそんなことがおこるの? (2017-10-11 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~重力波って、なにもの? (2017-10-06 06:00)
 2017年のノーベル物理学賞は重力波~まずは相対性理論について (2017-10-05 06:00)
 豊橋のミーアキャット~13匹の大家族に (2017-10-04 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ