愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 日本のあれが大人気~がんばれセントレア!

もののしくみ研究室

2016年03月04日 06:00  学び~社会

日本のあれが大人気~がんばれセントレア!

フレッフレッ一毛作、一年に一回♪
フレッフレッ二毛作、一年に二回ちがう作物♪
フレッフレッ二期作、一年に二回同じ作物♪

2月のホップ地理は、日本の農業について、勉強したよ。

南から北まで、南北に細長い日本。
そこに、山がちな地形があいまって、日本の気候はいろいろだ。

いろいろな気候の場所があるので、とてもたくさんの種類のくだものを育てることができる。
寒いところでは、リンゴ。
あたたかいところでは、ミカン。
他にも、サクランボにナシ、ブドウ、モモなどなど。
ひとつの国で、こんなにたくさんの種類のくだものがとれるところは、そうそうない。

そんな日本。
くだもの以外にも、いろいろな種類がとれるものがある。
こちらもくだものと一緒で、こんなにたくさんの種類がそろう国は、そうそうない。

寒いところ、あたたかい所、海に近い所、山の上に近いところ。
いろいろな気候の場所があるから、たくさんの種類の「あれ」がとれるよ。

「あれ」って、いったい何だと思う?
想像してみてね。



・・・



「あれ」の答えは、他にもあるかもしれないけれど、今日紹介する新聞記事でとりあげられていたのは、「花」だ。

『セントレアから世界に花を』 朝日新聞


この2月、愛知県にある中部国際空港セントレアに、シンガポールやインドネシア、オーストラリアなどから7人の外人がやってきた。
彼らの目的は、花を仕入れること。
スイートピーやラナンキュラス、リンドウなど、部屋をかざったり、おくりものにするための花を、日本から自分の国に送る届けるんだ。

今、外国では、日本の花が大人気。
2015年1月から9月の間に、セントレアから外国へ運ばれた花は、およそ4900万円分。
前の年の3倍近い花が、セントレアから輸出された。


人気のひみつは、品質が高いこと。
それから、たくさんの種類の花を、ひとつの場所でとりあつかうことができること。

いろいろな日本の気候をいかして育てられた、たくさんの種類の花たち。
日本の農家の人たちががんばって育てたものなので、とても品質がよい。

花を運ぶ時も、花がしおれてしまわないように、しっかりと温度や湿度(しつど)を管理する。
流通(りゅうつう)がしっかりしているのも、日本の強みだ。


花は、空港に集められて、世界へ旅立っていく。
日本で一番多く花を輸出している空港は成田国際空港で、昨年は1億400万円分の花をとりあつかった。
セントレアは2位で、4900万円。
3位は、関西国際空港で、1100円だ。

今、セントレアでは、もっともっと花の輸出をふやそうと取り組んでいる。
輸出する花専用の冷蔵庫(れいぞうこ)を作ったり、輸出するためにかかる時間を短くしたり。
いろいろな工夫をしているんだって。

日本の真ん中あたりにあるセントレアは、交通の便がとてもよい。
さらに、日本一の花の産地である、愛知県にある空港だ。
がんばって、世界中の人たちに、日本のきれいな花を届けてほしいね。

写真は、ラナンキュラス。ウィキペディアより。
ハナキンポウゲとも呼ばれる花だよ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
世界遺産のヘンダーソン島~あれがたくさん流れ着いちゃった!?
愛知県のマンホール~どんなデザインがいいと思う?
国内産のジャガイモ~なんで減っているの?
農業産出額日本一~どこの市町村?
祭ばやし、縞無双、夏のだんらん~なんのくだもの?
体力日本一~いったいどこの都道府県?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 世界遺産のヘンダーソン島~あれがたくさん流れ着いちゃった!? (2017-06-23 06:00)
 愛知県のマンホール~どんなデザインがいいと思う? (2017-06-21 06:00)
 国内産のジャガイモ~なんで減っているの? (2017-06-16 06:00)
 農業産出額日本一~どこの市町村? (2017-06-15 06:00)
 祭ばやし、縞無双、夏のだんらん~なんのくだもの? (2017-06-14 06:00)
 体力日本一~いったいどこの都道府県? (2017-06-09 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ