愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 9番目の惑星!?~ところで惑星って何だっけ?(その2)

もののしくみ研究室

2016年01月26日 06:00  学び~理科

9番目の惑星!?~ところで惑星って何だっけ?(その2)

今日は、前回の続き。
ケレスという星の話から、惑星について。

『9番目の惑星!?~ところで惑星って何だっけ?』
http://rakuto-toyota.jp/e350411.html

----------------------------------------------

昔々、人々は空を見上げて、いろんな発見をした。
星たちがどんな動きをしているのかを、たくさんの時間をかけて研究した。

そして、ほかの星と違う、かわった動きをする星があることがわかり、やがてそれは「惑星」と呼ばれるようになった。


この当時、惑星とされた星は、全部で7つ。

太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星だ。

地球が入っていないね。

当時の人々は、地球は星ではなく、宇宙の中心、土台みたいなものだと考えいた。
地球が太陽の周りをまわっているのではなく、太陽が地球の周りをまわっていると考えていたんだね。


それから時がたち、地球も太陽の周りをくるくる回る、惑星のひとつだということがわかった。
さらに、太陽と月は、惑星ではないこともわかった。


その後、望遠鏡など観測技術が向上。
1781年には、新しい惑星、天王星が発見される。
さらに、1846年には、海王星が発見される。


そして、1801年。
今回の記事の主役、ケレスが発見される。

ケレスはほかの惑星と比べると小さいが、最初は惑星のひとつとされた。

ところが、その後、火星と木星の間に、ケレスと同じような小さな星がたくさん発見される。

1850年ころには、惑星の数が20を超え、小さなものは別の名前で区別されるようになった。

それが、「小惑星」といわれるもの。

この結果、ケレスは、惑星ではなく、小惑星としてあつかわれるようになった。

この時点で、惑星とされた星は、全部で8つ。
水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星だ。


1930年、こんどは小惑星よりはずっと大きな冥王星が発見され、9つ目の惑星とされた。

どの星を惑星というのか。
時代の流れと一緒に、いろいろと変わってきたんだね。


時は流れて、1990年代。
冥王星と同じくらいの星が、いくつか発見される。

さらに、2005年には、冥王星よりも大きな、エリスという星が見つかる。

こうしたことをうけて、「どこまでが惑星で、どこからが小惑星なの?」と、みんなで考えるようになった。


そして、今では、太陽系の惑星は、次の8つの星と決められた。
水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星だ。

また、新しく「準惑星」という呼び名ができて、冥王星やエリスは、ここに分類されることになった。


現在、準惑星として扱われている星は、全部で5つ。
冥王星、エリス、ケレス、マケマケ、ハウメアだ。


このネタ、ずいぶん長くなったけど、やっとこさ主役のケレスまでたどり着いた。
次回は、いよいよ準惑星ケレスを紹介するね。


写真は、ハッブル望遠鏡がとらえたケレス。ウィキペディアより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
火星で天気予報!?(再掲)
日本に氷河!?(再掲)
まんまるマリモ~運んだのはだあれ?(再掲)
夜もズーっと楽しめるゾウ~いったい何を楽しめるの?
おっさんの叫び~いったい、どんな動物?
ペルセウス座流星群~今年2017年の見どころはいつ?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 火星で天気予報!?(再掲) (2017-08-16 06:00)
 日本に氷河!?(再掲) (2017-08-14 06:00)
 まんまるマリモ~運んだのはだあれ?(再掲) (2017-08-12 06:00)
 夜もズーっと楽しめるゾウ~いったい何を楽しめるの? (2017-08-11 06:00)
 おっさんの叫び~いったい、どんな動物? (2017-08-03 06:00)
 ペルセウス座流星群~今年2017年の見どころはいつ? (2017-07-31 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ