愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 世界の大気汚染地図~窒素酸化物が多いのは、どこの国?

もののしくみ研究室

2015年12月24日 06:00  学び~社会

世界の大気汚染地図~窒素酸化物が多いのは、どこの国?

しばらく前に、世界中の国が集まって、地球温暖化の対策を考える会議が行われたよ。

『パリ協定~どんなことが決められたの?』
http://rakuto-toyota.jp/e346128.html
『パリ協定~地球温暖化をストップできるの?』
http://rakuto-toyota.jp/e346129.html


地球温暖化の原因のひとつといわれているのが、温室効果ガス(おんしつこうかガス)と呼ばれるもの。
温室効果ガスとは、地球で発生する熱を、まるで温室のように、地球の大気の中にとじこめちゃう、いやなガスだ。

代表的な温室効果ガスといえば、二酸化炭素(にさんかたんそ:CO2)が有名。
「地球温暖化がおこるのは、二酸化炭素が増えすぎたせいだ。」という話は、小学生のみんなも聞いたことがあるんじゃないかな?

温室効果ガスは、二酸化炭素以外にも、いくつかあるよ。
中でも、窒素酸化物(ちっそさんかぶつ:NOx:ノックス)と呼ばれるガスは、地球を温室にするために、ばつぐんの力をはっきするいやなやつだ。

窒素酸化物は、とても力強く、熱をとじこめる。
その力は、二酸化炭素の310倍。
とんでもない力だよね。


二酸化炭素は、ものが燃える時に発生するんだったよね。
人間が、たくさんのものを燃やすので、地球上の二酸化炭素は増える一方だ。

では、窒素酸化物は、どうだろう?
やっぱり増えているのかな?
そもそも、窒素酸化物って、どんな時に発生するんだろう?



・・・



窒素酸化物が発生する原因は、大きくふたつ。


ひとつ目は、農業。

農業では、化学肥料(かがくひりょう)と呼ばれる、人間がいろいろなものを混ぜて作った肥料を使うことが多い。
その化学肥料を、土の中の小さな微生物(びせいぶつ)が分解(ぶんかい)すると・・・
窒素酸化物のできあがり。

地球上で発生する窒素酸化物の80パーセントが、肥料をもと作られている。


もうひとつは、ものを燃やすこと。

ものを燃やすと、二酸化炭素や一酸化炭素(いっさんかたんそ)が発生する。
この時の温度がとても高い時、空気中の窒素と酸素がくっついて、窒素酸化物ができてしまう場合がある。

たとえば、おうちでガスコンロを使った時。
こうしたしくみで、窒素酸化物ができあがるんだ。

また、石油などからできた燃料を燃やすと、そこに含まれる窒素が酸素とくっついて、窒素酸化物ができあがる。
ガソリンなどで走る自動車からは、こうしたしくみで窒素酸化物が排出される。

地球上で発生する窒素酸化物の20パーセントが、燃料をもと作られている。


地球上の窒素酸化物は、二酸化炭素と同じく、どんどん増えている。
1890年から1990年の100年間で、5倍も増えたんだって。

窒素酸化物が増えると、地球温暖化がどんどん進む。
でも、窒素酸化物が悪さをするのは、それだけではない。

窒素酸化物のひとつ、二酸化窒素(にさんかちっそ)は、人の体に入ると、肺の病気のもとになる。
麻酔(ますい)用として使われる一酸化二窒素(いっさんかにちっそ)など、人の役に立つ窒素酸化物もあるけれど、自然の空気中にこれがあるのは、あまり好ましいことではない。


さて、ここで、ひとつニュースを紹介するね。

『米NASA、「世界の大気汚染地図」を作成 衛星データ活用』 CNN

NASA、アメリカ航空宇宙局(こうくううちゅうきょく)が、世界の大気汚染地図を作成したんだって。
これを見ると、地球上のどの場所に、窒素酸化物がたくさんあるかが、一目瞭然(いちもくりょうぜん)。

さっそく、画像を見てみよう・・・と、その前に、想像タイム。

窒素酸化物は、自動車や工場からたくさん排出されている。
その窒素酸化物、地球上のどのあたりに、たくさんあると思う?

アメリカや日本、ヨーロッパかな?
それとも、別の国?
ちょっと想像してみてね。



・・・



こちらが、その画像。





アメリカ東部やヨーロッパ、日本、中国あたりが多いよね。

じつは、アメリカをはじめとする先進国では、最近、窒素酸化物の排出量が減っているんだ。
窒素酸化物を出さないようにするための技術が、進んでいるからね。
この10年の間、アメリカでは20~50パーセント、ヨーロッパでも50パーセント減っている。

中国でも、北京などの大都市では、40パーセント減っている。
その一方で、中国のいなかの方では、新しい工場がどんどんたって、この10年で20~50パーセントも増えてしまった。
せっかく減らす技術があるんだから、新しい工場でもそれを使ってほしいよね。


⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
長いリハビリに耐え続け~マーラ、お疲れ様
海水浴場が減っている~いったいどうして?
国名の漢字表記~これはいったいどこの国?(再掲)
春日井市の日本一~見るだけじゃなくて食べちゃおう!(再掲)
行方不明の赤ちゃんヘビ~無事に見つかったよ
川の見張り番~がんばれ西広瀬小学校
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 長いリハビリに耐え続け~マーラ、お疲れ様 (2017-08-23 06:00)
 海水浴場が減っている~いったいどうして? (2017-08-19 06:00)
 国名の漢字表記~これはいったいどこの国?(再掲) (2017-08-18 06:00)
 春日井市の日本一~見るだけじゃなくて食べちゃおう!(再掲) (2017-08-17 06:00)
 行方不明の赤ちゃんヘビ~無事に見つかったよ (2017-08-10 06:00)
 川の見張り番~がんばれ西広瀬小学校 (2017-08-09 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ