愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 植物を透明に・・・で、どうするの?

もののしくみ研究室

2015年11月02日 06:00  学び~理科

植物を透明に・・・で、どうするの?

『植物「透明化」する薬開発…名大研究グループ』 読売新聞

名古屋大学の研究チームが、なにやらすごい発見をしたらしいよ。
記事のタイトルを見ると、植物を透明化(とうめいか)とあるね。

どうも、植物を、すけすけのスケルトン、透明にしちゃう薬を開発したみたい。
なんか、すごい感じはするんだけど、植物を透明にして、いったい何をするんだろう?

植物を透明にしてうれしいこと。
いったい、何があると思う?
まわりに植物があったら、「もしも、あの植物がすけすけの透明だったら・・・。」って考えてみて。



・・・



新聞の記事によると、すけすけ透明の植物は、いろいろと観察しやすいらしい。
たとえば、受粉(じゅふん)の様子。

ここで、ちょっと寄り道。
みんな、受粉って知ってる?
RAKUTOっ子は、受粉の歌を思い出してね。

じゅっじゅっじゅふん♪
じゅっじゅっじゅふん♪

一度きいたら忘れない、あのリズム。
受粉って、いったい何だっけ?


・・・


植物には、おしべとめしべがある。
おしべの中には、やくがあって、中には大切な花粉(かふん)がしまわれている。

多くの植物は、自分の子どもとなる実や種を作り出すために、自分のおしべにある花粉を、他の花のめしべに運ばなければならない。
もちろん、自分の足で運ぶことはできない。
なので、彼らに手伝ってもらうんだ。

ここで、問題。
花粉を、他の花のめしべまで運んでくれるすてきなやつ。
いったい、だれ?
想像できる?



・・・



答えは、風や虫たち。

ある植物の花粉は、風にのって他の花まで飛んでいく。
そして、めしべにぴたっとくっつくと受粉完了。
こうした植物のことを、風媒花(ふうばいか)っていうんだよ。

ある植物は、きれいな花やおいしいミツで虫たちをおびきよせる。
花にあつまった虫たちの体に、花粉がぴたっとくっつく。
やがて虫たちは、別の花にとんで行き、その花のめしべに花粉がぴたり、受粉完了。
こちらが、虫媒花(ちゅうばいか)だ。


さて、話を本題にもどそう。
すけすけの透明な植物と、受粉のしくみの話だ。

受粉が成功すると、めしべの先にくっついた花粉から、ねっこのようなものが生えてくる。
花粉管(かふんかん)とよばれるものだ。

花粉管は、どんどん中にほうにのびていき、やがて胚珠(はいしゅ)とよばれるところにとうたつする。
こうして、植物の子どもである実や種ができるんだけど、この様子を実際にみることは難しかった。
今回開発された薬で植物を透明にしちゃうと、こうした様子を、とても簡単に、しかもくわしく調べることができる。

植物を透明にする方法はいままでにもあったけど、どれもやり方が難しかった。
それに対して今回の方法は、薬をちょこっと使うだけ。
誰でも簡単にできるんだって。

名古屋大学の先生も、「学校での実験に使えってもらえるのでは。」と話しているよ。
小学校や中学校の実験でも、使えるようになるのかな?

ひょっとしたら、夏休みの自由研究なんかにも使えるようになるかもしれないね。
そんなキットが発売されたら、ぜひ実験してみたい。

写真は、ひまわりのミツをすうハチくん。ウィキペディアより。
花粉だらけだね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
ピンクのキリギリス~なぜ、ピンク?
イヌとネコ~頭がよいのは、どちら?
雪男イエティ~その正体は?
新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物?
ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!?
右利きと左利き、多いのはどちら?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 ピンクのキリギリス~なぜ、ピンク? (2017-12-16 06:00)
 イヌとネコ~頭がよいのは、どちら? (2017-12-13 06:00)
 雪男イエティ~その正体は? (2017-12-08 06:00)
 新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物? (2017-12-06 06:00)
 ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!? (2017-12-01 06:00)
 右利きと左利き、多いのはどちら? (2017-11-29 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ