愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 学び~社会 › 世界一の透明度~摩周湖のナゾの足跡!?(その3)

キンダーコース

もののしくみ研究室

2015年06月06日 06:00  学び~理科学び~社会

世界一の透明度~摩周湖のナゾの足跡!?(その3)

前々回、前回と、北海道の摩周湖について紹介してきたよ。
今日は、その続き。

『世界一の透明度~摩周湖のナゾの足跡!?』
http://rakuto-toyota.jp/e320971.html
『世界一の透明度~摩周湖のナゾの足跡!?(その2)』
http://rakuto-toyota.jp/e321088.html


まずは、新聞記事のタイトルから。

『摩周湖底にナゾの「足跡」』 朝日新聞

北海道にある摩周湖(ましゅうこ)。
その底に、ナゾの足跡(あしあと)が見つかったんだって。

摩周湖の水はきれいすぎて、栄養分がほとんどない。
だから、そこに住む生き物も、ほんの数種類だ。

さらに、今回足跡が見つかったのは、湖の底だ。
摩周湖の深さは、211メートル。
光も十分に届かいない深さだ。
こんな場所に、人の目に見えるような大きさの生き物がいるはずがない。

じっさい、今までに摩周湖で見つかった生き物で、最も深い場所で見つかったのは、ユスリカの幼虫だ。
見つかった深さは、176メートル。

それよりも深い場所となると、住んでいるとしてもバクテリアなど微生物(びせいぶつ)と呼ばれる生き物くらいだろう。
みんな、そう思っていた。

ところが。
そこに「足跡」が見つかった。
しかも、大量に。

ここで、想像タイム。
今まで、摩周湖に住んでいると思われていたのは、ほんの数種類の生き物たち。
エゾサンショウウオにウチダザリガニ、ニジマス、ヒメマス、エゾウグイだけ。
それ以外は、目に見えない小さな微生物くらい。
さらに、その湖底となると、微生物以外には何もいないはずだった。

そこに見つかった大量の「足跡」。
生物に必要な栄養分が少ない摩周湖。
光の届かない、深い深い湖の底。
そんな場所にすんでいるのは、いったいどんな生き物なんだろう?

みんな、想像してみてね。


・・・


答えは・・・まだナゾのまま。

ナゾの足跡、ひょっとしたら足跡ではなく、水の流れなどでできたものかもしれないよね。
でも、足跡の写真をみた学者さんによると、「生物がつけたとみるのが自然」とのこと。
やはり、なにかの足跡なのだろうか。

さらに、学者さんは「ウチダザリガニの可能性が高い。ただ、断定(だんてい)はできない」と言っている。
ナゾは、まだナゾのままなんだ。

そして、先月5月26日から、国立環境研究所(こくりつかんきょうけんきゅうじょ)のチームが、捕獲作戦(ほかくさくせん)に乗り出すことになった。
いったい、どんな生き物が捕まるのか。
結果が楽しみだね。


写真は、ウチダザリガニ。ウィキペディアより。
本来、外来種(がいらいしゅ)と呼ばれる、本来日本にはいないはずのザリガニだ。

世界一の透明度~摩周湖のナゾの足跡!?(その3)




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら



キンダーコース

もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
鳥類~鳥ってどんな生き物?
爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう
哺乳類と魚類~クジラはどっち?
生き物~ふたつに分けると、何と何?
白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?
絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 鳥類~鳥ってどんな生き物? (2019-03-14 06:00)
 爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう (2019-03-08 06:00)
 哺乳類と魚類~クジラはどっち? (2019-03-07 06:00)
 生き物~ふたつに分けると、何と何? (2019-03-05 06:00)
 白と黒~シマウマのしましまもようは何のため? (2019-03-01 06:00)
 絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ (2019-02-28 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ