愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 迷子のワンちゃん、5000キロの旅!?

もののしくみ研究室

2014年09月26日 06:00  学び~社会

迷子のワンちゃん、5000キロの旅!?

米国横断5000キロの行方不明犬、飛行機で飼い主の元に ロイター

米国、つまりアメリカで、ワンちゃんが迷子になったんだって。
そのワンちゃんが見つかって、無事に飼い主さんのもとに帰されることになったんだ。
それにしても、米国横断5000キロって、いったいどういうこと?


・・・


アメリカ東部の街、フィラデルフィア。
今年4月、ここで一匹のワンちゃんが、迷子になっちゃった。

その後ずっと、ワンちゃんは行方不明。
飼い主さんは、さぞ心配してただろうね。


5か月後。
そのワンちゃんが無事に見つかった。
これは、うれしい。

ところが!

見つかった場所は、アメリカ西部の街、ポートランド。
ワンちゃんが迷子になったフィラデルフィアからは、4830キロメートルもはなれた、遠い街だ。

4830キロメートルが、どれくらいの距離かというと・・・
北海道から沖縄までが、およそ2200キロメートル。
その2倍以上だ。

このワンちゃんは、それだけの距離を歩いて移動したのかな?
すごいよね。


それにしても・・・

そんなはなれた遠くの街で、よくワンちゃんが見つかったよね。
ポートランドの人が迷子のワンちゃんを見つけたとしても、まさか、それが4830キロメートルも離れた遠くの街からきたワンちゃんだなんて、想像できないだろうし。

よく、飼い主さんがわかったもんだなぁ。
いったい、どうやってわかったんだろう?


・・・


実をいうと、このワンちゃんには、マイクロチップというものがつけられていた。
マイクロチップには、ワンちゃんが迷子になった時のために、飼い主の名前や住所が記録されているんだ。

このマイクロチップのおかげで、ワンちゃんの飼い主や住所がわかったんだね。
ワンちゃん、よかったね。


さて。

ポートアイランドで見つかったワンちゃん。
今度は、フィラデルフィアまで、帰らなければいけない。

普通に考えれば、飛行機で移動する距離だ。
でも、飼い主さんは、飛行機代を出すだけのお金がなかった。

これは、困った!

そこで、今回かつやくしたマイクロチップを作った会社が、飛行機代を出してくれることになったんだって。
その会社以外にも、ワンちゃんを飼い主さんのもとに帰してあげたいという人がたくさんいて、それぞれ飛行機代を出してくれた。

みんな、やさしいね。
ワンちゃん、よかったね。


写真は、グーグルアースで見たアメリカ。
東(右)側の丸が、フィラデルフィア。
西(左)側の丸が、ポートアイランド。
すごく遠いね。
ワンちゃん、迷子になっている間、どうやって過ごしたんだろうね?






もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
地球温暖化~あの乗り物にも影響が!?
外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは?
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について
目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲)
赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 地球温暖化~あの乗り物にも影響が!? (2017-07-22 06:00)
 外国人が知っている日本人~タイで2位になったのは? (2017-07-21 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~まずは海流について (2017-07-19 06:00)
 目指せ世界遺産~神宿る島!?(再掲) (2017-07-15 06:00)
 赤といえば・・・あのくだものが赤じゃなくなる!? (2017-07-08 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ