愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 学び~社会 › 東北のサケが・・!?

もののしくみ研究室

2014年09月15日 06:00  学び~理科学び~社会

東北のサケが・・!?

東北秋サケ漁 4割減の恐れ 朝日新聞

サケは、川で生まれる魚。
でも、育つのは、海なんだ。

春に川で生まれたサケの赤ちゃんは、5月ころに海に旅立つ。
その後、オホーツク海や太平洋、ベーリング海、アラスカ海などを旅しながら、3~5年をすごす。
そうして大人になったサケは、自分が生まれた川にもどってくる。

北海道や東北では、川にもどってきたサケのたまごを人の手でとりだして、赤ちゃんが大きくなるまで人の手で育て上げる。
サケの赤ちゃんを、天敵などから守るためだ。

そして、毎年春、その赤ちゃんを海に帰す。
海に帰ったサケの赤ちゃんは、3~5年の長い長い旅に出る。


さて、記事に戻ろう。

秋は、長い旅を終えたサケたちが、もどってくる季節。
北海道や東北では、3年半前に海に帰した赤ちゃんが、たくさん戻ってくるはずだ。

ところが。

今年の秋は、サケがあまり取れなさそう。
去年にくらべると、4割も減ってしまうかもしれないとのこと。

いったい、なぜ?
その原因は、今から3年半前におきた、大きな事件にある。
今から、3年半前。
みんな、思い出してみて。


・・・


今から3年半前といえば、2011年の春。
東日本を、大きなゆれと津波がおそった、あの春だ。
あの東日本大震災によって、東北では、たくさんのサケの赤ちゃんが死んでしまった。
だから、この秋に戻ってくるサケも、数が少ないんだね。

震災から3年半。
震災の影響は、まだまだ続く。


写真は、サケの回遊ルート。
網走市ホームページ(リンク)より。
東北のサケの影響で、今年はイクラなどが高くなるかもしれないらしいよ。
https://www.city.abashiri.hokkaido.jp/380suisangyo/020suisanngakusyuu/020tyuukyuu/040sodateru/010sake_houryuu/







もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ