愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › お食事タイムは23時間!

もののしくみ研究室

2011年09月10日 08:01  学び~理科

お食事タイムは23時間!

今日は、クモのお話。

足がフシフシ節足動物。
鋏角亜門クモ綱クモ目。

節足動物の歌では、「クモの仲間」として登場しました!
そう、「昆虫の仲間」ではありません!

からだはふたつにわーかれてーる♪
頭むねとはーら♪
頭むねから出ている足は8本だ♪
クモ、ダニ、サソリ、こんにちは♪

そう、この歌!
頭と胸の分かれ目がはっきりしない。
足が、6本じゃなくて8本。
触覚もない。
昆虫のようで、昆虫じゃない!

さて、9/1の沖縄タイムスという新聞によると、そのクモが、鳥を食べてる姿を写真にとることができたそうです。
シジュウカラという小鳥を、体長約15センチのオオジョロウグモが食べていたんだって。
体長15センチ。
でかい!

食べ始めたのが8月10日午前10時ごろ。
食べ終わったのが、翌11日午前9時ごろ。
実に、23時間かけた、長い長いお食事タイム!

クモは食道が小さいので、いっきにたくさんは食べられない。
毒で鳥を動けなくさせて、時間をかけて食べるのだそうです。

新聞によると、生物学が専門のゲッチョ先生こと盛口満沖縄大学准教授という先生も、「珍しい。クモが鳥を食べるらしいと聞いたことはあったが、写真では初めて見た」と驚いたとのこと。
よほど、めずらしい写真なんだね。

食べ終わったあとは、鳥の羽毛だけが残っていたらしい。
ちょっと、かわいそう!




写真は、9/1付沖縄タイムスより。



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ