愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 巨大赤星ベテルギウス~その2

もののしくみ研究室

2012年01月25日 08:00  学び~理科

巨大赤星ベテルギウス~その2

以前、大きな赤い星ベテルギウスが、もうすぐ爆発するかも!という記事を書きました。

「巨大赤星ベテルギウス」
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=361504


1月23日の朝日小学生新聞の一面には、ベテルギウスの超新星爆発の記事がのってました。
今日は、そこから、追加情報です!

冬の一等星ベテルギウス。
赤くて大きい平家星。

この星が最近不安定。
いよいよ寿命を迎えつつあるみたい。

そして、今にも爆発しそうだよ、というのが前に書いたブログの記事。


朝日小学生新聞によると、爆発するのは「今年のうわさもあるが1万年以内」とのこと。

ブログでは、爆発すると半月くらいの明るさだよと書いたけど、新聞によると満月くらいの明るさになることもあるらしい。
しかも、その明るさが3か月続くんだって!

ベテルギウスは冬の星。
夏にはお昼に空の上にあるので、太陽の明るさにじゃまされて見えない。

だけど、爆発した時は、昼間でも見えるらしい。
昼間に星が見えるなんて!
すごい!


いつ爆発するかわからないけれど、星の寿命1千万年のほとんどを終えていて、もうすぐ爆発するのは間違いない。
明日爆発しても不思議ではないし、1万年後でもおかしくない。
宇宙の世界の「もうすぐ」って、ものすごく幅が広いんだね。
スケールが大きい!


ちなみに、地球からベテルギウスまでの距離は640光年。
今、地球から見えるベテルギウスの姿は、実は640年前の姿。
だから、実は、もう爆発してしまっているかも!


では、爆発した時に、一番最初にそれに気が付くのは誰でしょう?

光が一番早く地球まで届きそうだけど、実はもっと早く届くものがあるんだって。

それがニュートリノといわれるもの。

光がガスなどに邪魔されてもたもたしているうちに、ニュートリノはぐんぐん地球に近づいてきて、光よりも数十時間早く地球に届くんだって。


このニュートリノを観測できる装置は、実は日本にあるんだよ。

しかも岐阜県!

ベテルギウスの爆発を世界で一番最初に見つけるのは、岐阜県でこの装置を使っている人たちかもしれないんだって!





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
プールの水をぬいたらあの生き物が~いったい何がいたの?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)
 プールの水をぬいたらあの生き物が~いったい何がいたの? (2017-06-02 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ