愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 始祖鳥の翼は黒かった!?

もののしくみ研究室

2012年01月27日 08:00  学び~理科

始祖鳥の翼は黒かった!?

「始祖鳥の翼は黒かった」1月25日の朝日新聞より。


始祖鳥!

黒??


以前、恐竜の色がわかるかもっていう記事を書きました。

「恐竜の色がわかる?」
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=332002


25日の朝日新聞によると、始祖鳥(しそちょう)という昔の動物の色がわかったらしい!


始祖鳥は、鳥と爬虫類(はちゅうるい)の両方を特徴を併せ持つ、昔の生き物。
鳥の祖先じゃない?とも考えられていたけど、鳥よりは恐竜に近い生き物だということがわかってきた。

始祖鳥が生きていたのは、1億5千年前くらい。
ジュラ紀といわれる時代。

アメリカとドイツの研究チームが、その時代の化石から始祖鳥の羽を取り出して調査した。
そして、その中から、色のもとになっているメラニン色素という粒を見つけたんだって。

それをくわしく調べてみたら、次のことがわかったよ。

・始祖鳥の羽は、黒か灰色もしくは白だった。
・黒である確率は95パーセント。


図鑑などにのっている始祖鳥の姿、特に色は、想像でかかれていたところが多いけれど、この発見でより本物に近い始祖鳥の姿がわかるかも!

また、メラニン色素は鳥のつばさを強くする働きがあるので、これが見つかったことで始祖鳥がどんなふうに空を飛んでいたかもわかるかもしれないんだって。


この発表の結果が、本屋さんの図鑑に反映されるのはいつだろう?
新しい始祖鳥の姿、見てみたいね!


写真は始祖鳥の想像模型。ウィキペディアより。





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ