愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › アホウドリが引っ越し!?

もののしくみ研究室

2012年02月17日 08:00  学び~理科

アホウドリが引っ越し!?

※2月17日夜から20日夕刻まで、東京出張のためお休みをいただきます。ご了承ください。ブログは過去のものを再掲します。


アホウドリのヒナ、火山島から無事引っ越し 読売新聞

アホウドリ!
火山島?
引っ越し??


東京の南およそ600キロメートル。
ここに、鳥島(とりしま)という小さな無人島がある。

むかしむかしジョン万次郎という人が漂着したことでも有名なこの島、火山活動がとても活発なんだ。

国が定める「火山活動度」はランクA!
歴史を見ると、確かに噴火が多い。
1871年、1902年、1939年、2002年。
1902年の噴火では、島民125人がみんな亡くなってしまった!


この島、国の特別天然記念物アホウドリとしても有名なんだ。
アホウドリは、この島と沖縄にある北小島、南小島という小さな島にしか生息していない貴重な鳥。

2010年の調査では、2570羽が確認できたけど、全滅してしまうことのないよう注意が必要。


鳥島の火山が噴火すると、そんなアホウドリが全滅してしまう!

そこで、何羽かのアホウドリを、小笠原諸島の聟島(むこじま)に引っ越しさせることにしたんだって。

2006年から少しずつ引っ越しさせて、聟島に住み着くようにしてきた。


そして、この2月11日、最後の引っ越しが行われたんだ。
この日引っ越したのは、15羽のヒナ。

これまでに、全部で70羽のヒナが引っ越したんだって。

前に引っ越したアホウドリ達の何羽かは、きちんと聟島に住み着くようになったことも確認できたみたいだし、これで一安心。

よかった、よかった!

写真はアホウドリ。ウィキペディアより。





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
育て竜の子~どんな苦労があったの?
育て竜の子~いったいどんな動物?
名古屋好きの珍鳥~どんな鳥?
年々数が減少~どうして減っちゃったの?
年々数が減少~日本のネコは何種類?
プラ食う虫~虫が解決してくれる?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 育て竜の子~どんな苦労があったの? (2017-05-27 06:00)
 育て竜の子~いったいどんな動物? (2017-05-26 06:00)
 名古屋好きの珍鳥~どんな鳥? (2017-05-25 06:00)
 年々数が減少~どうして減っちゃったの? (2017-05-22 06:00)
 年々数が減少~日本のネコは何種類? (2017-05-20 06:00)
 プラ食う虫~虫が解決してくれる? (2017-05-19 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ