愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 小さくて隠すどころじゃありません!

もののしくみ研究室

RAKUTOの新年度は2月からはじまります。

2012年05月23日 08:00  学び~理科

小さくて隠すどころじゃありません!

月曜日の金環日食、みんな観察できたかな?
豊田市内は、たくさんの学校が運動会の代休でお休みだったから、じっくり観察できた子も多いのでは?
ちょっと雲が多かったけれど、市街地近辺では、なんとか見ることができました。


さて、日食用に用意した観察グラスも、これでお役御免・・・
って、ちょっと待った。

6月6日には、金環日食に負けず劣らずめずらしい現象が起こるよ。


舞台は、またまた太陽。
日食観察用のグラスは、まだしまわないで!

金環日食の時は、太陽と地球の間に月が入り込んできて、見事なリングができたよね。

今度もある星が、太陽と地球の間に入り込んでくる。
何の星でしょうか?


・・・


答えは、金星。
そう、金星が、太陽と地球の間を通り抜けるよ。

また日食みたいになるかというと、そうはいかない。

金星の大きさは地球より、ちょっとだけ小さいくらい。
月よりはずっと大きい。

だけど、月のように地球のすぐそばにあるわけじゃないので、実際に見える大きさは、豆粒のよう。

太陽のみかけの大きさは8.5センチメートルくらい。
金星は、その約30分の1、つまり3ミリメートルくらいの大きさ。
小さいので、当然、太陽を隠すことはできない。


それでも日食観察用グラスがあれば、、太陽の前を通り抜ける金星の姿を見ることができるよ。

6月6日。
金星が太陽面にさしかかるのは、朝の7時10分過ぎ。
太陽面をつつーと通過して、太陽とお別れするのは午後2時くらい。

日食と比べて長い時間続くので、多少天気が悪くても観察するチャンスはあるかもしれない。


国立天文台によると、「金環日食は、地球上のどこかで毎年のように起きているが、金星の太陽面通過は、1世紀におよそ2回。より珍しいといえます」とのことで、相当めずらしい現象らしい。

前に見ることができたのは、2004年6月8日と結構最近だけど、その前は1874年。
そして、この次に見ることができるのは、105年後、2117年12月11日。


とてもめずらしい、「金星の太陽面通過」。
こちらも、是非、見てみたい!


写真は、太陽面を通過する金星。ウィキペディアより。





もののしくみ研究室

RAKUTOの新年度は2月からはじまります。

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
人工衛星GCOM-CとSLATS~それぞれ名前募集中!
ただいま名前投票受付中~サーバルってどんな動物?
小惑星衝突危機~どんな対策があるの?
小惑星衝突危機~天体が地球にぶつかってくる!?
海洋生物レッドリスト~シロワニってどんな生き物?
重力値で体重が変わる!?~重力値が見直されたよ
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 人工衛星GCOM-CとSLATS~それぞれ名前募集中! (2017-04-29 06:00)
 ただいま名前投票受付中~サーバルってどんな動物? (2017-04-27 06:00)
 小惑星衝突危機~どんな対策があるの? (2017-04-20 06:00)
 小惑星衝突危機~天体が地球にぶつかってくる!? (2017-04-19 06:00)
 海洋生物レッドリスト~シロワニってどんな生き物? (2017-04-13 06:00)
 重力値で体重が変わる!?~重力値が見直されたよ (2017-04-08 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ