愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › がんばれ、日本のロケット!

もののしくみ研究室

2012年05月25日 08:00  学び~理科

がんばれ、日本のロケット!

H2A打ち上げ成功 韓国衛星などを軌道投入 5/18日経新聞


日本のほこる国産ロケット、H2A(エイチ・ツー・エー)。

5月18日に、2基の大型人工衛星をのせて、種子島から宇宙に飛び立ちました。
2001年に1号機が打ち上げられてから、これで21回目。
成功20回、失敗1回。
成功した確率、95.2パーセント。

世界では、95パーセントを超えると信頼できるロケットだといわれている。
今回の成功で、H2Aも世界クラスの仲間入り!


全長53メートル。
胴体の直径、4メートル。
重さは、289~445トン。

大きいね。


さて、問題。
このロケットを1回打ち上げるために、どれくらいのお金が必要でしょうか?
1億円くらい?
いやいや、もっとかかるかも?


・・・


答えは、85億~120億円くらい。
高い!


それでも、昔のロケット、H2(エイチ・ツー)の140億~190億円に比べたら、ずいぶん安くできるようになった。

だから、外国からのお仕事も舞い込んでくる。
今回のせた衛星のうち、1基は韓国からお願いされたもの。

今回の成功で成功する確率が95パーセントを超えて、もっとたくさん外国からお仕事がもらえるかもしれないね。


そうそう、ロケット本体の組み立ては、愛知県飛島村にある工場でやってるよ。

愛知県は、宇宙に関する産業もさかんなんだ。
がんばれ、愛知県!
がんばれ、日本!


写真は、名古屋市科学館に展示されている、H2Bロケット。
試験機だけど、ほんものだよ。




もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
光ってなにもの?~色のちがいはどうしてできるの?(再掲)
光ってなにもの?~光はどうやって生まれるの?(再掲)
光ってなにもの?~太陽と人間の共通点は?(再掲)
光ってなにもの?~まずは色のお話から(再掲)
働かないアリ~なんで働かないの?(再掲)
クニマス~なんで「奇跡の魚」なの?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 光ってなにもの?~色のちがいはどうしてできるの?(再掲) (2018-06-13 06:00)
 光ってなにもの?~光はどうやって生まれるの?(再掲) (2018-06-11 06:00)
 光ってなにもの?~太陽と人間の共通点は?(再掲) (2018-06-08 06:00)
 光ってなにもの?~まずは色のお話から(再掲) (2018-06-07 06:00)
 働かないアリ~なんで働かないの?(再掲) (2018-06-01 06:00)
 クニマス~なんで「奇跡の魚」なの? (2018-05-31 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ