愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › 家康の時計って!?

もののしくみ研究室

2012年05月28日 08:00  学び~社会

家康の時計って!?

家康の洋時計「世界でも貴重」時事通信


今月のRAKUTOの歴史は、徳川家康。

豊田市ともつながりのある三河の英雄。
そんな家康の愛用した時計が、当時のままの姿で今でも残っているんだって。


この時計、1611年に、スペインの国王から、家康に送られたものなんだ。

家康は、千葉県の海で沈んでしまったスペインの船に乗っていた人たちを助けたことがある。
そして、彼らを無事にスペインへ帰してあげた。

その時のお礼として、スペイン国王のフェリペ3世が家康にこの時計を送ったんだ。

作ったのは、フランドルという町の時計師、ハンス・デ・エバロさん。

作られたのは、1581年。
ぜんまいで動く。
高さ21.5センチメートル、重さ2.8キログラムの真ちゅう製。

この時計、今、日本にある時計の中で、一番古い西洋時計なんだって。
静岡県の久能山東照宮というところにあるんだよ。
国の重要文化財になっている。


今年の5月16日。

大英博物館という、ヨーロッパでも有名な博物館の専門家が日本へやってきた。
そして、この家康の時計をていねいに調査した。
その結果が、17日に発表されてニュースになったよ。

同じころに同じ町で作られた時計は、今でも世界に20台が残っている。
しかし、どの時計も部品を交換したり改造してあるんだって。

では、家康の時計はどうだったのか?


時計を調べたデビッド・トンプソンさんによると・・・

「家康の時計は400年間ほとんど手を加えられておらず、当時の状態でケースや内部の機械、皮製カバーが三つそろっているのは世界に1台だ」ということらしい。


世界に1台!
すごい貴重な時計なんだね。

この結果をうけて、この時計を国宝に指定しようという動きもあるらしい。
すごいね、ぜひ本物を見てみたいね!

写真は、家康の時計。時事通信社より。





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
クリミア橋開通~クリミアって、どんな場所?(その2)
クリミア橋開通~クリミアって、どんな場所?
ご当地サーモンブランド化~がんばれ国産サーモン
めざせ世界遺産~奄美大島で問題となってい動物は?
新しい仏教を作ろう~今年の弘法さんは5月6日♪
プラスチックのゴミを減らせ~今度は、細菌!?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 クリミア橋開通~クリミアって、どんな場所?(その2) (2018-05-18 06:00)
 クリミア橋開通~クリミアって、どんな場所? (2018-05-17 06:00)
 ご当地サーモンブランド化~がんばれ国産サーモン (2018-05-16 06:00)
 めざせ世界遺産~奄美大島で問題となってい動物は? (2018-05-10 06:00)
 新しい仏教を作ろう~今年の弘法さんは5月6日♪ (2018-04-27 06:00)
 プラスチックのゴミを減らせ~今度は、細菌!? (2018-04-26 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ