愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › 福島の海で発電だ!

もののしくみ研究室

2012年06月01日 08:00  学び~理科

福島の海で発電だ!

世界への突破口になるか、福島沖の「浮体式洋上風力」 日本経済新聞


福島県!
浮体式洋上風力!?

浮体式(ふたいしき)ということは、ぷかぷかお水の上で、浮いているってこと?
洋上だから、海の上か。

つまり、海の上にぷかぷか浮きながら発電するということかな?


・・・


その通り!

風力発電というのは、自然の力を利用した、自然にやさしい発電方法。
大きな風車を、風の力で回して発電する。

風車が大きいほど、たくさんの電気を作ることができるけど、日本の陸地は狭くて、そんなに大きなものは作ることができない。


そこで、海の上。

海の底からコンクリートで固めて、風車を建てるやり方もあるけれど、海が深いところでは難しい。

そこで、海の底に固定せず、ぷかぷか浮いた状態の風車を作るんだ。

2011年の時点で、この方式で発電しているのは、ノルウェーの発電所だけ。
世界でも注目される発電方法だけど、まだまだ技術が追い付かない。

それを、日本の福島県にも作っちゃおう・・というのが今日のニュース。


福島県の沖合、20キロメートルくらいの太平洋上に作る。
2013年から作り始める。


しかも、今回作ろうとしているものは、とても大きい。

ノルウェーでは、1000キロワット~2300キロワットの電気を作ることができる大きさ。

今回作ろうとしているのは、7000キロワット。
ノルウェーの3倍以上だ。


これだけの電気を発電する風車。

大きさ、直径はいったいどのくらいなんだろう?
みんな、想像できる?


・・・


その直径は、なんと・・・165メートル!
むちゃくちゃ大きい!

この大きな風車を1000基並べる。
そうすると、発電できる電気の量は、日本の原子力発電所が全部動いた時と同じくらい。
原子力発電所は、いらなくなるね。


環境省が、いろいろな発電方法で将来どのくらい電気を作ることができるか試算した。
その結果は、洋上風力がダントツの一位。

洋上風力 16億キロワット
陸上風力 2億8000万キロワット
太陽光  1億5000万キロワット
地熱   1400万キロワット

すごいぞ、洋上風力発電!
がんばれ、福島県!
がんばれ、日本!


写真は、ノルウェーの浮体式洋上風力発電所。ウィキペディアより。





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
地球の酸素をつくったぜ!(再掲)
ミドリムシは救世主!?(再掲)
海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの?
ナマズが木登り?~すいとぴあ江南
めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館
2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 地球の酸素をつくったぜ!(再掲) (2017-07-26 06:00)
 ミドリムシは救世主!?(再掲) (2017-07-24 06:00)
 海の流れを利用して、あれを作ろう~いったい何を作るの? (2017-07-20 06:00)
 ナマズが木登り?~すいとぴあ江南 (2017-07-14 06:00)
 めずらしい生き物を見ることができる場所~碧南海浜水族館 (2017-07-13 06:00)
 2016年新種10傑~どんな生物が選ばれたの? (2017-07-12 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ