愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 「自分で考える」が好きになる。RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › めざせ、有人飛行!

キンダーコース

もののしくみ研究室

2012年07月28日 06:00  学び~理科

めざせ、有人飛行!

こうのとり再突入、壊れる様子観測へ 有人船開発に活用 朝日新聞


星出さんがうちゅへ飛び立って、2週間近くが経ちました!
星出さん、元気でかつやくしてるかな?

「がんばれ、星出さん!」
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=515045


さて。

星出さんがいるのは、国際宇宙ステーション。
食べ物など必要とされる物資を運ばなくっちゃ、ここにいる人たちが困っちゃう。

そこで。
しばらく前の、7月21日。

「こうのとり」という宇宙船に物資をのせて、H2B(エイチツービー)ロケットで宇宙へ旅立った。

「こうのとり」は、国際宇宙センターに物資を運んだ後、いらなくなったものをのせて、地球に帰ってくる。

帰ってくるんだけど、地球の空気とのまさつで、地上につく前に燃え尽きちゃうんだ。

だから、帰りの「こうのとり」には、いらなくなったものしかのせられない。

当然、人をのせて帰ってくることもできない。


今、世界で人を乗せて飛べる宇宙船を持っているのは、3つの国だけ。

さて、どこでしょう?


・・・


アメリカ、ロシア、そして中国だ。
日本は、まだ人を乗せる宇宙船を開発できていない。


そこで!

今回、国際宇宙センターまで行った「こうのとり」には、特別な装置が積んである。

その名も、「i―Ball(アイボール)」。

地球に帰ってくる「こうのとり」。
空気のまさつで燃え尽きちゃうのだけど、その様子をしっかり観測するのが、「i―Ball」の役目。

ここで観測したデータを活かして、いずれは燃え尽きずに帰ってくることができる宇宙船を開発するのだ!


これが開発できれば・・・

日本も、人をのせた宇宙船が開発できるかも!
すごい!

がんばれ、「こうのとり」!
がんばれ、日本!!

写真は、「こうのとり」。ウィキペディアより。
めざせ、有人飛行!





キンダーコース

もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
鳥類~鳥ってどんな生き物?
爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう
哺乳類と魚類~クジラはどっち?
生き物~ふたつに分けると、何と何?
白と黒~シマウマのしましまもようは何のため?
絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 鳥類~鳥ってどんな生き物? (2019-03-14 06:00)
 爬虫類~地球の歴史を振り返ってみよう (2019-03-08 06:00)
 哺乳類と魚類~クジラはどっち? (2019-03-07 06:00)
 生き物~ふたつに分けると、何と何? (2019-03-05 06:00)
 白と黒~シマウマのしましまもようは何のため? (2019-03-01 06:00)
 絶滅したと思っていたら~100年ぶりに見つかったよ (2019-02-28 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ