愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › スナメリの楽園!?

もののしくみ研究室

2012年09月07日 06:00  学び~理科

スナメリの楽園!?

スナメリの楽園 朝日新聞

スナメリ!
楽園!?


スナメリって、知ってる?

クジラやイルカの仲間。
体長は、1.5~2メートル。
体重50~60キログラム。
クジラの仲間では、一番小さい種類のひとつ。
このあたりだと、名古屋港水族館で見ることができる。

野生のスナメリは、アジアの海の、いろいろな所に住んでいる。

インドや中国、インドネシアなど。
日本では、千葉県の銚子(ちょうし)の沖合や、瀬戸内海などに住んでいる。
三河湾にもいるけれど、数は少ない。

瀬戸内海には、たくさんのスナメリが住んでいた。
でも、2000年に調査したところ、20年前の3分の1に減っちゃたんだ。
スナメリが安心して住める場所が、どんどん減ってしまっているんだね。


そんなスナメリの楽園があるの?

そう、楽園が見つかったんだ。
日本の海にあるスナメリの楽園。
有名な施設のすぐそばなんだ。

どこだと思う?
何の施設だと思う?


・・・


見つかった楽園は、実は大阪湾。
関西国際空港のすぐ近く。

飛行機がぶんぶん飛び交う、とても自然が豊かとはいえない場所だよね?

ところが!

ここには、スナメリが住みやすい理由がきちんとあるんだ。


理由その1。

空港の周りは、コンクリートブロックの護岸(ごがん)がある。
護岸は斜めになっていて、よく日光があたるので藻(も)がいっぱい。

藻は、海辺に住む小さな生き物のえさになる。
調べてみると・・・
1987年には18種類いたエビなどの小さな海の生き物。
2009年には、66種類に増えていたんだ。

小さな生き物が増えたので、それをえさにする、小さな魚たちもここに集まる。

スナメリのえさは、小さな魚たち。
スナメリも、えさを求めてここに集まってきたというわけだ。


理由その2。

空港の回り500メートルは、漁をすることができない。
えさを求めて集まってきた魚たちは、安心して暮らすことができる。

なるほど!


こうして生まれた「スナメリの楽園」。

神戸市の須磨水族園(すますいぞくえん)園長の亀崎直樹(かめざきなおき)さんによると、「この海域はスナメリがすみやすい環境になっているのかもしれない。奇跡(きせき)といえる。」ということらしい。

奇跡的に出来上がったスナメリの楽園。
見てみたいね。
関西国際空港に行くと、野生のスナメリたちに会えないかな?


写真は、スナメリ。ウィキペディアより。





もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ?
養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち?
バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は?
東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの?
夏は白く見える葉~いったいどんな植物?
48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 初確認の外来種~ヒアリって、どんなアリ? (2017-06-24 06:00)
 養殖ウナギのナゾ~オスメスどっち? (2017-06-22 06:00)
 バイオミメティクス~人工衛星に応用されそうな生き物は? (2017-06-17 06:00)
 東海地方が梅雨入り~なんでこんなに雨がふるの? (2017-06-10 06:00)
 夏は白く見える葉~いったいどんな植物? (2017-06-07 06:00)
 48年ぶりのナメクジウオ~いったいどんな動物? (2017-06-03 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ