愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~理科 › ウナギのエサって??~その2

もののしくみ研究室

2012年11月15日 06:00  学び~理科

ウナギのエサって??~その2

幼いウナギの餌 わかった 朝日新聞

今日は、昨日に続いて、ウナギの話。
昨日は、ウナギの養殖(ようしょく)について書いたよ。

「ウナギのエサって??」
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=617135


謎のおおいウナギくん。

ウナギの赤ちゃんが、何をエサにしているのか、わかっていなかった。
それが、ついに、わかったよ。


ここでひとつ問題。

ウナギは、海の魚でしょうか、それとも川の魚でしょうか?
どっちだと思う?


・・・


実は、どちらも正解!

普段は川にすんでいるウナギくん。

タマゴを産むときは、海に出る。
海でタマゴを産むので、そこから生まれてきた赤ちゃんは、海で育つ。


ニホンウナギがタマゴを産むのは、グアム島やマリアナ諸島の西側にあるマリアナ海。

地図をみるとわかるけど、とても遠いところなんだ。

ここで大きくなったウナギは、とても長い旅をして、日本まで帰ってくるんだね。

そして、川をのぼって、成長する。


さて。

今回、ウナギの赤ちゃんのエサを調べたのは、海洋研究開発機構(かいようけんきゅかいはつきこう)というところの研究チーム。

マリアナ海でつかまえたウナギの赤ちゃん9匹を、くわしく調べた。

体の中に含まれるアミノ酸といわれるもの。
アミノ酸の中に含まれる、チッ素の量。

こういうものから、ウナギの赤ちゃんが、食物連鎖(しょくもつれんさ)のどこにあたるのかを調べた。


食物連鎖・・・RAKUTOでは、「プランクトンのうた」で勉強したよね。

動物プランクトンが、植物プランクトンを、ぱくっ!
小さな魚が、動物プランクトンを、ぱくっ!
中くらいの魚が、小さな魚を、ぱくっ!
大きな魚が、中くらいの魚を、ぱくっ!

海の中の栄養分は、そうやって、小さな生き物から大きな生き物までつながっているんだ。

それが、食物連鎖。


ウナギの赤ちゃんは、食物連鎖のどのあたりにいるのか?

それがわかれば、赤ちゃんが何を食べているのか、正確に予想できるぞ。


で、調べてみたら・・・

どうも、カキやカニと同じくらいのところにいるらしい。

食べているのは、食物連鎖でそのちょっと下にいるものになるはず。


ということは・・・
ウナギの赤ちゃんのエサは・・・

マリンスノーだ!
これに違いない!

ということで、つい赤ちゃんのエサがわかったよ。


え?

「マリンスノーって何?」だって?

マリンスノーは、小さな小さな海のゴミ。
プランクトンの排泄物(はいせつぶつ)や、しがいなどでできたもの。

なるほど、そういうものを食べていたんだね。


ついに、わかった赤ちゃんのエサ。

東京大学の塚本先生によると、「今回の成果は、サメの卵に代わる餌のヒントに十分なり得る」とのこと。

今回の発見で、ウナギの養殖がうまくいくようになれば・・・
ウナギがたくさんとれるようになる!

ウナギが、安くなる!

期待しよう!


写真は、ウナギの赤ちゃん。ウィキペディアより。
すけすけのひらひら。
レプトケファルスと呼ばれているよ。






もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~理科)の記事画像
イヌとネコ~頭がよいのは、どちら?
雪男イエティ~その正体は?
新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物?
ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!?
右利きと左利き、多いのはどちら?
海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?
同じカテゴリー(学び~理科)の記事
 イヌとネコ~頭がよいのは、どちら? (2017-12-13 06:00)
 雪男イエティ~その正体は? (2017-12-08 06:00)
 新種の甲殻類~「ウラシマ」ってどんな生き物? (2017-12-06 06:00)
 ちょっと場所がずれていたら~恐竜が生きていられた!? (2017-12-01 06:00)
 右利きと左利き、多いのはどちら? (2017-11-29 06:00)
 海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は? (2017-11-17 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ