愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会 › リニアでゴー!?~その2

もののしくみ研究室

2013年06月14日 00:00  学び~社会

リニアでゴー!?~その2

★★★★★★★ 夏期講習のご案内 ★★★★★★★

2013夏期講習
    ~さあ知識の海へ冒険に行くぞ!~
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=1015708

ビジョン速読講座
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=1023978

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


リニア 長い鼻で危険察知 朝日新聞

今回は、リニアの話。
今日は、昨日の続きだよ。

「リニアでゴー!?」
http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=1023324


時速500キロメートル。
ものすごいスピードで走る、リニア。

いったい、どんな場所に線路をひけば、安全に走ることができるのか。

街に近い場所は、ちょっと怖い。
スピードを落とさないようにするためには、カーブが少ない方がよい。
東京から名古屋まで、なるべく真っ直ぐ走りたい。


さあ、みんななら、どんな風に線路をひく?

東京から名古屋まで、どんな感じで線路をひくのか、想像してみて。
地図があったら、それを見ながら考えてみよう。


・・・


リニアの線路は、そのひき方によって、いくつかの区間に分かれる。

東京や名古屋の近くは、大深度地下区間(だいしんどちかくかん)。
大深度の地下っていうくらいだから、地下のかなり深いところを走るんだ。
地下トンネルは、深さ30~40メートルの場所につくられる。


東京品川から40キロメートルの大深度地下トンネルを抜けると、今度は山の中。

甲府盆地の南側から、南アルプス、中央アルプスと、たくさんの長いトンネルをかけぬける。

愛知県に入ると、また、大深層地下トンネル。


品川から名古屋までの道のりは、およそ286キロメートル。
そのうち、8割が地下やトンネル。
新幹線のように、景色を楽しむというわけには、いかないみたい。


それにしても。

地下やトンネルばかりだと、乗っているときに地震や火事が起ったりしたら、どうなるんだろう?

JR東海によると、車輪のないリニアは、脱線の心配がないため、地震には強いとのこと。

トンネルは、地震がきてもこわれない、丈夫なものを作る。
火事などが発生しないように、駅や車両は、なるべく燃えない素材を使う。

もし何か起っても、リニアはすぐにとまることはなく、駅やトンネルの外まで走る。

それでも、トンネルの中で、とまってしまうこともあるかもしれない。

そこで、線路の下には、ひなん用の通路を用意。
いざというときは、それを使ってひなんする。


山の中を通るとなると、自然への影響も心配だ。

JR東海によると、ルートを選ぶにあたっては、次のようなことに配慮したとのこと。

・活断層(かつだんそう)や、もろい地質の場所はさける。
・湖は、さける。
・市街地や住宅地は、さける。
・自然公園区域などは、さける。

なるほど、いろいろと考てあるね。


さて、今回は、リニアが速く安全に走るために、どんな場所を走るのか?
その場所には、どんな工夫がされているのかを見てみたよ。

次回は、いよいよ車両のひみつに迫ってみよう。


画像は、リニアの想定ルート。
JR東海「中央新幹線計画の概要について」(リンク)より抜粋。
http://www.cbr.mlit.go.jp/kensei/pdf/20130124_shiryou2-1.pdf





・:*:・゚☆ RAKUTO d(*⌒▽⌒*)b TOYOTA 。・:*:・゚☆

<過去のブログは、こちらから>
http://www.shikoujyuku.jp/tusin.html


♪♪♪ うたって覚える、理科社会 ♪♪♪
&&& マインドマップで国語算数 &&&

説明会、無料体験授業、常時受付中!

 <説明会のご案内>
  http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=578294
 <無料体験授業のご案内>
  http://www.rakuto-toyota.jp/?entry_id=578293

 <講師アルバイト募集中>
  子供大好きの主婦の方、学生さん。
  お気軽に、ご連絡ください。
   フリーコール:0800-111-3415


 <東京> 自由ヶ丘校/ひばりヶ丘校/府中校
 <兵庫> 三田校
   http://www.rakutojp.com/index.html

 <大阪>
   天王寺校 http://www.kansai-rakuto.jp/
   箕面校  http://www.rakuto-minoh.com/

・:*:・゚☆ RAKUTO d(*⌒▽⌒*)b TOYOTA 。・:*:・゚☆



もののしくみ研究室

同じカテゴリー(学び~社会)の記事画像
水素を地産地消~どんな取り組みをしているの?
水素を地産地消~水素を使って何をするの?
水素を地産地消~お次は発電方法について
水素を地産地消~お次は二酸化炭素について
水素を地産地消~まずは気体について
戌年で盛り上がろう~犬山市といえば?
同じカテゴリー(学び~社会)の記事
 水素を地産地消~どんな取り組みをしているの? (2017-10-20 06:00)
 水素を地産地消~水素を使って何をするの? (2017-10-19 06:00)
 水素を地産地消~お次は発電方法について (2017-10-18 06:00)
 水素を地産地消~お次は二酸化炭素について (2017-10-16 06:00)
 水素を地産地消~まずは気体について (2017-10-14 06:00)
 戌年で盛り上がろう~犬山市といえば? (2017-10-07 06:00)

Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
このページの先頭へ