愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 教室点景

もののしくみ研究室

2017年04月03日 11:04  教室点景

先週の教室より~2017春期講習を開催しました(^^)/

2017年3月26日から29日にかけて、春期講習を開催しました。


国語のテーマは、「ことわざ」。

アリスのストーリーにのせて、たくさんのことわざをお勉強です。
知らないことわざの意味を自分で考えるのは、とても楽しいね。

最後は、自分でことわざをつくっちゃおう。
「女優にボロぐつ」
「ゴミにねんぶつ」
「アフロにロン毛」
「カニがチーズをせおってくる」
などなど、楽しいことわざがたくさんできあがりました(^^)/











算数のテーマは、「繰り返し」。

周期性をみつけるたくさんの問題に、チャレンジ。
楽しく頭を使いました。

工作は、DNAストラップ。
パンダにDNAのことを教えてもらったあとは、まずは設計図。
自分で考えた「繰り返し」のルールをもとに、設計図を作成。
そして、その設計図に基づいて、ビーズでストラップづくり。
すてきなストラップが、たくさんできあがったね(^^)/









理科のテーマは、「電気」。

電気って、何もの?
電球がひかるのは、なぜ?
身近な疑問をもとに、みんなでディスカッションしながら、自分なりの仮説を立てました。
そのあとは、スライドを見て、電気の正体にせまりました。

工作は、カメレオンランプ。
カラフルできれいなランプが、たくさんできあがりました(^^)/








⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年03月22日 11:26  教室点景

先週の教室より~イルカをたおせ!

ホップ歴史は、中大兄皇子。
先週は、イルカくんが力をもって、あばれまわる下り。

聖徳太子の子どもも、いじめぬかれて自殺しちゃうし。
このままでは、自分も殺されかねない。
これは、イルカをなんとかしなければ。

でも、イルカは強い。
どうなる、中大兄皇子。

続きは来週、こうご期待(^^)/




ホップ地理は、『日本列島とまわりの海』。
先週は、海について。

「海って、むかしから、戦争の火種になることが多いんだよね。ロシアなんかは、むかしむかしから、温かい地方の海がほしくて、しょうがない感じだし。で、この日本海では・・・って、みんな、日本海の向こう側にある国って、知ってる?」

こんなことを尋ねると、多くの子が「中国!」と答えてくれる。
でも、実は、韓国やロシアだったりするのだ。

「で、韓国とは、竹島という島の取り合いをしているんだよ。」
「東シナ海では、中国と尖閣諸島。名前くらい、聞いたことがない?」
「オホーツク海といえば、北方領土だ。こちらは、ロシアが相手。」

本題ではないものの、領土争いのお話しには、みなさん、興味津々でした。

ところで、土曜日クラスでは、種子植物ならぬ寿司植物がうけた。
金曜日までは、「なんだ、そのおやじギャグ!」とけなされっぱなしだったけど。
よかった、よかった(^^)/






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年03月15日 09:41  教室点景

先週の教室より~おしべとめしべって何だっけ?

国語クラスのアイスブレークは、「みんなで作文ゲーム」。
みんなで言葉を出し合って、「いつ」「どこで」「だれが」「なにをした」を組み立てるよ。
高学年のいるクラスは、カタルタとの組み合わせだ。

で、どんな文章ができたかな?

「参合館の中で」、「ホモの人が」、「ダイソンの掃除機を」、「ぎゅっとだきしめた」。

爆笑(^^♪

で、カタルタ引いて・・

「それから・・・」

「はい、それからどうした?しっかりと考えてね(^^)/」





ホップ理科は、『種子植物の分類』。
せっかくなので、ちょっと横道にそれて、今日は受粉のお話を。

「みんな、体験授業でやった、おしべとかめしべって覚えてる?」

「忘れたー」

「こんな絵を描いたでしょ?おしりがべーってしてるやつとか、ごはんがべーってしてるやつ。」

「あっ!思い出した。」

「おしりには、粉がついてたよね。」

「花粉!」

「めしべは、こんな形だったよね。で、被子植物は、はいしゅが子房につつまれているんだってさ。ところで、はいしゅとか子房って、何者なんだろう?」

写真は、掛け算ワークに取り組む年長さん。
先週も、楽しかったね(^^)/





こちらは、ステップ算数。
まずは、文章題の聞き取り練習から。

「今から読み上げる問題を、マインドマップに整理してね。じゃあ、いくよ。」
耳で聞いた文章題を、マインドマップに整理整頓。

そして、メインテーマ、「□のある計算」。
といっても、問題を解くんじゃなくて、「この問題を低学年の子が見てもわかるように、絵にしてみてね。」と、イメージ化の練習です。
思考力をみがくには、まずは問題がイメージできないとね(^^)/





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年03月06日 09:46  教室点景

先週の教室より~「分類」って、なんだ?

3月のホップ理科は、『種子植物の分類』。

「みんな、分類って知ってる?」

「分けるやつ。」

「確かに”分ける”だけど、”種”っていう字が入ってるぞ。」

「わかった。種類ごとに分ける。」

「正解。植物とか動物って、学者さんたちがわざわざ分類してるんだけど、なんで分類するんだろう?みんなの家や学校でも、分類されているもの、ある?」

「教室!」
「トイレ!」
「道具箱!」

・・・

「ト、トイレって、分類されてるの?」

「うん。男用と女用。」

な、なるほど。

こんなやりとりのあと、「ゴミ」とか「図書室」とか出てきて、分類することの必要性を実感することができた子供たち。
動物の分類でさらに盛り上がったあと、本題の植物の分類へ。

まずは、楽しい歌で大笑い。
そして、セントラルイメージへ。
先週も、楽しかったね(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年03月02日 09:38  教室点景

先週の教室より~新しい温泉マークは?

ホップ理科は、『植物のはたらき』。
2月最終週となった先週ののテーマは、「調べる」。

「みんな、このジャガイモを見て。光合成がうまくいっていれば、この中にはでんぷんがいっぱいのはずだ。光合成がうまくいったかどうか、どうやって調べよう?」

「切ってみる。」

「ほい、切ったよ。次は、どうする?」

「食べる?」

「食べたら、わかるのか?」

「う~ん、さわってみる?」

「ほい、さわってみ。何かわかった?」

「う~ん・・・」

「歌詞を思い出せ。」

「ああ、ヨウ素液か。」

ヨウ素液といわれても、ピンとこないみなさん。
ここは、実際にやってみるのが一番だ。

「では、やってみます。どう、光合成成功かな?」

「なんか、真っ黒だよ。失敗じゃない?」

いやいや、めでたく成功なのだ。
歌だと「あおむらさき色」で終わっちゃうけど、実際は、黒に近い紫色になるんだね。
やっぱり、やってみるのが一番だね(^^)/





ホップ地理は、『地図の見方』。
先週のテーマは、地図記号。

歌でおぼえた地図記号を、仲間分けしてマインドマップに整理整頓。

「みんな、どんな仲間分けする?自分で考えて、仲間分けしてね。」

「市役所とか、みんなが使う場所は、なんてかけばいい?」

「それは、公共だな。」

「形でわけてもいい?まるとか四角とか。」

「もちろん、OKだよ。」

みんな、思いのままに、地図記号を仲間分け。
そのあとは、東京オリンピックにむけて、地図記号でディスカッション。

外人が間違いやすい地図記号。
せっかくだから、新しいやつを考えてあげよー♪
ということで、これは、新しい温泉マークらしいです(#^^#)




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年02月20日 16:02  教室点景

先週の教室より~急な斜面を探せ♪

2月のホップ国語は、『おおかみと七ひきの子やぎ』。
3週目となった先週は、前半の文章から、あらすじまとめ。

「最初のブランチは、だれに登場してもらおう?」

「おおかみ!」

「いきなり、おおかみ?」

「おおかみが、家にはいって、子やぎを食べちゃうとこをかく。」

「それだと、ほかの人が見ても、なんでおおかみが家に入ってきちゃったのか、わからんね。」

「じゃあ、子やぎにしよう!」

「子やぎ、いいね。でも、なんで、子やぎだけで、るす番することになっちゃったのかも、伝えられるとわかりやすいと思うな。」

「そうか、ならば、お母さんだ、お母さん♪お母さんが、買い物に行く。」

ま、いいんじゃない?
買い物ではなかった気がするが・・・(^-^;


ホップ社会は、『地図の見方』。
等高線の勉強をした後は、地図で等高線さがし。

「だれが、一番急な場所を見つけられるかな?よーい、どん!」

ひとりが、「ここ、めちゃくちゃ急じゃない?」というと、「おぉー!」とみんなで大盛り上がり。
ひとしきり、等高線さがしを楽しみました(^^)/





こちらは、月曜日クラスのレッスン前の様子。
人数がふえて、高速リスニングコーナーも、にぎやかに(#^^#)




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年02月13日 15:16  教室点景

先週の教室より~光合成ってなんだ?

2月のホップ理科は、『植物の育ち方』。
先週は、「光合成」について、たっぷりとディスカッション。

「光っていうと、あの人を思い出すな、あの有名人。学者さん。」

「エジソンでしょ?」

「よく知ってるね。エジソンって、なにした人だっけ?」

「光を発見した人(ちょっと違うぞ・・)」

「光が何者かを研究したのは、エジソンじゃなくて、アインシュタインだな。ベーの人。」

この後は、アインシュタインネタを交えながら、光が何者なのかについて、たっぷりとディスカッション。


「光の次は、”合成”だ。合成って、なに?」

「合わせる。」

「合わせるの?」

「そう、合わせるの。PPAPみたいに。」

「な、なるほど、PPAPね。じゃあ、植物は、何と何を合わせて、何を作っているんだろうね?」

・・・

加わって2週目となる新しいメンバーも、だいぶ雰囲気に慣れてきて、頭を使うことをしっかりと楽しんでます(^^♪




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年02月09日 13:09  教室点景

先週の教室より~生き物ってなに?

RAKUTO豊田校では、先週から新学期。
8名の新入生をむかえ、楽しくスタートしました♪

ホップ理科は、『植物の育ち方』。
メインテーマは、光合成。

初週の今日は、「生き物」とは何か、「生きる」とはどういうことかについて、人間とお花の共通点を探しながら、たっぷりとディスカッション。

「生き物って、なに?」

「動物?」
「生きてるものでしょ?」

「そうだよね。生きているものが生き物だ。生き物は、動物と植物にわけることができるんだ。ここで質問。生きるって、どういうこと?」

「動ける。」

「植物は動かないのでは?」

「心臓が動いている。」

「植物に、心臓ってあったっけ?」

「・・・」

「じゃあ、質問を変えよう。心臓は、何のためにあるの?」

「血?」

「そう、血を体中に送るためだ。血は、何のために送られるの?」

「・・・」

・・・

生きるって、どういうこと?
栄養を取るのは、なぜ?
酸素は、どうして必要なの?
ユーリップとみんなの共通点は?

こんなテーマで、たっぷりとディスカッションを楽しみました♪

写真は、ステップクラスより。
2017年度最初のステップクラス、まずは、言葉をイメージにする練習中から(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年02月01日 13:49  教室点景

先週の教室より~160キロはやばいでしょ!

1月のホップ国語は、新見南吉の『巨男の話』。
先週のワークは、みんなの大好きな、創作文マインドマップ。

まずは、主人公を決めよう。

魔法で変身させちゃうぞ。何に、変身させる?
魔法をとく方法は、どうしよう?
魔法をとくために、冒険にでかけるよ。どんな冒険が待っている?
で、結局、最後はどうなっちゃった?

頭の中をどんどんブランチに出して、創作文づくりを楽しみました。


王子様がカエルに変身させられて、もとに戻るには壁になげつけてもらわなくてはいけなくて、投げてくれる人を探す旅に出て、見つけたのが大谷翔平・・・。

「どこかで、聞いた話だな・・・(去年やった『カエルのおうさま』だね。)」
「大谷って、160キロだっけ?カエル、やばいんじゃない?」

うんうん、きけんな感じだね(^-^;


さて、先週のレッスンをもって、RAKUTO豊田校の2016年度のレッスンは、すべて終了です。
今週からは、7名の新入生をむかえて、さっそく新年度。
みなさん、引き続きよろしくね(^^)/

写真は、算数・理科クラスより。電磁石で、実験中♪




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年01月23日 12:28  教室点景

先週の教室より~イエローカード連発で大笑い(#^^#)

最近、ステップクラスの子どもたちを中心に大流行のピタンゴ。
しりとりと連想ゲームの組み合わせで、とても頭を使うゲームなんだけど・・・とりあえず、細かいことは気にせずカードを出しまくる6年生男子。

「長いといえば、ラクダ!」
「それ、ちがう。イエローカード!」

「健康的なラッコ!」
「それ、おかしい。イエローカード!」

・・・と、こんな具合でイエローカード連発。
おかげで、みなさん、笑いすぎておなかが痛い状態に(#^^#)




ご参考:『おすすめの知育グッズ』
http://rakuto-toyota.jp/e320212.html


ホップ地理は、『北海道の歌』。

「北海道は、泥炭地ばかりだったみたいね。つまり、泥ばっか。そんな場所では、お米が育たないから、「必殺、客土作戦」を実行したらしいよ。「客土作戦」って、どんな作戦だと思う?漢字から想像してみてね。」


「客か・・・」
「わかった!お客さんに泥をうめさせる!!」
「客に、土を持ってこさせる!」
「客に・・・う~ん、どうしよう。」

まあ、そういう発想になるよね。


「お客が土を運ぶのではなく、土がお客さんなのだ。本州から土を運んで、えっさかほいさと土を入れ替えたんだよ。」

「えー、それ、すごい大変じゃん!」
そう、大変だったのだ(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ