愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校 › 学び~社会

もののしくみ研究室

2018年05月16日 06:00  学び~社会

ご当地サーモンブランド化~がんばれ国産サーモン

みんなは、サーモン(=サケ)、好き?
おいしいサーモンは、お寿司などでも大人気。
「マグロよりもサーモンの方が好き!」という子も少なくない。

そんなサーモン。
外国から輸入したものが多い。

2012年の統計を見てみると、出荷されたサーモンは、およそ47万トン。
そのうち、65パーセントが、外国から輸入されたもの。
一方で、日本で育てられた国産サーモンは、35パーセント。

統計上の外国のサーモンの重さには、箱などの重さも含められている。
それを考えると、サーモンの自給率、つまり国産サーモンのしめる割合は、20パーセントくらいなんだって。

ところが。
最近、国産サーモンが、がんばっているらしいよ。

『「ご当地サーモン」波乗るか ブランド化目指し改良』 朝日新聞

サーモンは、冷たい水が好きな魚。
日本では、宮城県など、北の方の海で、養殖されていた。

ところが、2011年。
東日本大震災が、発生。
宮城県のサーモン養殖場は、津波ではかいされてしまう。

宮城県でサーモンを育てていた人たちは、しかたなく香川や鳥取などにうつって、サーモンの養殖をはじめた。
宮城にくらべたらあたたかい香川や鳥取でも、冬ならばサーモンを育てられる。
そうしてがんばった結果、ご当地サーモンが誕生した。
「讃岐(さぬき)さーもん」「境港(さかいみなと)サーモン」と呼ばれるサーモンたちだ。

青森県でも、新しいサーモンが生まれようとしている。
十和田市(とわだし)にある青森県産業技術センターでは、淡水(たんすい)でのサーモンの養殖にチャレンジしている。

サーモンの養殖の多くは、海水で行われる。
いけすがせまいと、サーモンどうしがぶつかりあったり、いけすのかべにぶつかったりしてけがをして、病気になりやすくなってしまう。
だから、広い海がよい。

ところが、海の水があたたかくなる季節には、海でサーモンを育てることができなくなる。
湖などの淡水は、海水にくらべるとつめたいので、夏でもサーモンを育てることができる。

青森県産業技術センターの研究所の人たちは、淡水のせまいいけすでも、病気にならず強いサーモンを育てることができないものかと、10年以上かけて研究してきたんだって。
その結果生まれたのが、「新サーモン」。
この「新サーモン」がたくさん育てられるようになれば、一年中、おいしいサーモンを育てることができる。

青森県産業技術センターの人によると、「県産のブランドサーモンとして売り出していきたい」とのこと。
青森県のサーモン、がんばってほしいね。

写真は、マスノスケ。ウィキペディアより。
マスノスケなんて、変な名前だよね。別名は、キングサーモン。マスノスケは、実はキングサーモンのことなんだ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら
  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年05月10日 06:00  学び~社会

めざせ世界遺産~奄美大島で問題となってい動物は?

2017年1月。
日本では、新しく2つの世界遺産(せかいいさん)を、世界遺産委員会に推薦(すいせん)した。

そのひとつが、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。
江戸時代、日本ではキリスト教が禁止されていた時期がある。
その時、キリスト教を信じている人たちの多くが、長崎県の天草(あまくさ)に集まって、こっそりとキリスト教を信じていた。
潜伏(せんぷく)キリシタンとは、その人たちのこと。
天草には、潜伏キリシタンの人たちが残した遺産が、たくさんあるんだ。

そして、もうひとつが、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」だ。
奄美大島(あまみおおしま)をはじめとした奄美群島(あまみぐんとう)や、沖縄県の西表島(いりおもてじま)などでは、世界でもめずらしい自然を目にすることができる。
有名なのは、イリオモテヤマネコ。
アマミノクロウサギ。
そして、ヤンバルクイナ。
世界でも、ここでしか見ることのできない、めずらしい動物たちだ。

ところが。
2018年5月、世界遺産委員会から、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、世界遺産にするのは難しいかも・・・と言われてしまった。
理由はいろいろあるんだけど、豊かな自然をきちんと守ることができないのでは?というのが、大きな理由のひとつらしい。
そして、朝日新聞には、こんな記事が。

『世界遺産めざす奄美 野生化の××は邪魔者?』 朝日新聞


奄美大島では、とある野生の動物が、奄美にすむアマミノクロウサギたちの邪魔(じゃま)をしているらしい。
「野生化(やせいか)」ということは、もともとは野生ではなく、人に飼われていたりした動物だよね。
その動物が、アマミノクロウサギなどを食べてしまうんだって。

ここで、想像タイム。
奄美大島で、大切なアマミノクロウサギを食べてしまう動物。
もともと野生のものもいるけど、人が飼っていたものが、山や森にすみつくようになったものも多い。
いったい、どんな動物だと思う?

ヒントは・・・
みんなもよく知っている動物だよ。
家で飼っている人も、多いんじゃないかな。
ライオンやトラの仲間でもあるよ。



・・・



答えは、ネコ。
今、奄美大島では、野生化したネコが、アマミノクロウサギなどの大切な動物を食べてしまうようなことが、たくさんおこっている。

これから世界遺産に登録してもらおうと思っている時に、これでは困る。
そこで、日本では、ネコを捕まえるためのワナを設置。
対策にのりだしたわけなんだけど、ここでひとつ、大きな問題が。

それは、捕まえられるであろうネコたちが、すべて野生のものではないということ。
野生ではなく、野生化したネコもたくさん捕まるはずだ。

人に飼われていたものが、野生にかえって生きている。
こうしたネコのことを、ノラネコという。
一方で、もともと野生でくらすネコは、ノネコとよばれる。

ノネコもノラネコも、飼い主がいないというところは同じ。
しかし、食べているものなどで、区別できる。

人間に近いところでくらしていて、人間がすてたものなどを食べているのが、ノラネコ。
人間にかかわることなく、山や森で、自分でエサを捕まえて食べているのが、ノネコ。

捕まえたネコたちをどうするかというと、普通に考えれば殺処分(さつしょぶん)、つまり殺してしまうことになる。
ところが、ノラネコは、そうはいかない。

日本には、動物愛護法(どうぶつあいごほう)というのがあって、ペットとして飼われていた動物たちを簡単に殺してしまうことはできない。
今回のワナ設置についても、動物愛護にかかわる人たちからは、「捕まえたネコをどうするのか、きちんと考えてほしい。」という要望が出ているんだって。

とはいえ、アマミノクロウサギたちは守らなければいけない。
ネコを捕まえるのはいいんだけど、捕まえたネコたちをどうするのか。
なかなか難しい問題だね。
みんな、何かよいアイデアはない?

写真は、昔仕事でおとずれた奄美大島。豊かな自然がたくさん(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月27日 06:00  学び~社会

新しい仏教を作ろう~今年の弘法さんは5月6日♪

毎年、この時期にのせている弘法さんの記事。
今年の弘法さんの日は、ゴールデンウィークの最終日、5月6日の日曜日だ。
豊田市内のあちこちで、あかいのぼりが立つよ。
そこに行って、おさいせんを入れれば、おかしがいっぱいもらえる。
せっかくの日曜日、弘法さんののぼりを見つけて、たくさんおかしを集めよう。

RAKUTO豊田校の裏にある浄久寺でも、弘法さんをやってるよ。
近所の子は、ぜひ行ってみよう(^^)/

----------------------------------------

3月から4月、ステップクラスの歴史は、奈良~平安時代を勉強しているよ。

この時代は、中国から日本に仏教がわたってきて、いろいろなことが起こる。
まずは、蘇我(そが)さんが、物部(もののべ)さんとけんか。
けんかの理由は、日本に仏教が必要かどうかということ。

「日本には神社があるから、お寺はいらない!」という物部さんに対して、新しいもの好きの蘇我さんは、「いやいや、これからは仏教だよ。お寺だよ。」と引き下がらない。
このけんか、結局蘇我さんが勝って、日本のあちこちにお寺が建つようになった。

その後、聖武天皇(しょうむてんのう)の時代。
地震や火山の噴火におそわれた日本列島。

「こうなったら、もう仏様においのりするしかない!」と心に決めた聖武天皇。
たくさんのお金と労力をかけて、大きな大仏を作り上げる。
以来、日本の都であった奈良の平城京では、お坊さんがとても力を持つようになった。

おおいばりのお坊さん。
ついには、天皇の政治にまで、口をはさんでくるようになった。

それをきらったのが、桓武天皇(かんむてんのう)。
お寺の力が強い平城京から逃げ出して、京都に都をうつす。
平安京のできあがりだ。

桓武天皇は、決して仏教がきらいだったわけではない。
政治に口をはさむ、えらそうなお坊さんがきらいだっただけ。

「日本の仏教を、新しいものにかえたい!」
そう考えた桓武天皇は、ふたりの若いお坊さんを、中国へ勉強にいかせる。
最澄(さいちょう)と空海(くうかい)だ。

中国で勉強したふたりは、日本に帰ってきてから、新しい仏教を作り上げる。
最澄は天台宗(てんだいしゅう)、空海は真言宗(しんごんしゅう)だ。

ふたりは、その死後も、日本中のみんなに大切にされている。
最澄は伝教大師(でんきょうたいし)、空海は弘法大使(こうぼうたいし)として、今でもみんなに親しまれているんだ。

特に、とても習字が上手だった空海は、ことわざとしてその名前が残っている。
ことわざに興味のある子は、辞典などで意味を調べてみてね。

「弘法も筆の誤り」
「弘法筆を選ばず」

有名なこれらのことざわに出てくる「弘法」とは、まさに空海のことなんだ。
空海は、中国にわたった時に、両手、両足、口を使って、同時に5行の詩を書いたといわれているよ。
まさに、書道の達人だよね。


さて、今日は、4月27日。
もうすぐ、弘法大使の命日だ。

弘法大師の命日の旧暦の3月21日。
今年、2018年は、5月6日の日曜日が、その日にあたる。

一年に一度の、「弘法さんの日」。
弘法さんの日には、豊田市内のあちこちに、弘法さんの目印、赤い旗がたつ。
そこを訪ねて、お賽銭を入れると、おばあちゃんがお菓子をくれるよ。
みんな、ぜひ、弘法さんめぐりをしてみよう。

写真は、RAKUTOっ子がかいた、飛鳥~奈良時代のマインドマップ。
旧暦が何月何日にあたるか調べたい子は、こちらのサイトで試してみてね。
http://www.calc-site.com/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月26日 06:00  学び~社会

プラスチックのゴミを減らせ~今度は、細菌!?

人がすてたプラスチックのゴミ。
ペットボトルやレジぶくろ。
まちの中をながめてみすと、たくさんのゴミがある。
そんなゴミたちが、風にふかれたり、川にながされたりして、やがてたどりつくのが、海だ。

海に流れ出たプラスチックのゴミたちは、波にもまれたり、太陽の紫外線(しがいせん)にあたったりして、やがてこなごなになってしまう。
目で見ることもむずかしいくらい、こなごなになったプラスチックは、当然のように魚の体の中にとりこまれる。

『プラスチックのスープ~海をよごす悪い奴 』
http://rakuto-toyota.jp/e331987.html

2017年10月には、日本の近くの海でとれた魚の、およそ40パーセント魚から、プラスチックのゴミが見つかったという調査の結果が出された。
ゴミは、0.1ミリメートルよりも小さなものなので、口に入っても気が付かない。

これらプラスチックのゴミは、人の体には悪さはしないので、健康には影響はない。
とはいえ、気持ちのよいものではないよね。

対策としては、まずはゴミを減らすこと。
それ以外の対策として、2017年11月には、こんな記事を書いたよ。

『海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?』
http://rakuto-toyota.jp/e426175.html

日本のカネカという会社が、特別なプラスチックを開発した。
海の微生物(びせいぶつ)たちによって分解することができるプラスチックだ。

世界中のみんながこのプラスチックを使えば、海に流れ出したプラスチックのゴミも、やがて分解されて消えていく。
しかし、こうした特別なプラスチックを世界中に広げようと思うと、これは大変だ。

そこで、今年2018年4月のニュース。

『プラスチックを「食べる」強力な酵素、米英チームが発見』 CNN

数年前のこと。
日本の大阪にある工場で、新しい細菌(さいきん)が見つかった。
この細菌、どうも、プラスチックを食べて、それを栄養にしているみたい。

「これは!」と思ったのは、アメリカとイギリスの研究チーム。
「イデオネラ・サカイエンシス201―F6株」と名付けられたこの細菌を持ち帰って、くわしく調査をした。

その結果、この細菌が、すごい力を持っていることがわかった。
プラスチックを食べて、分解してくれるだけではない。
最近使われるようになってきた、ポリエチレンフランジカルボキシレートという新しい種類のプラスチックも、食べて分解してくれるらしい。

この細菌ががんばってくれれば、世界中のプラスチックのゴミを減らすことができるかもしれない。
研究チームは、世界からプラスチックのゴミを減らすべく、この細菌がもっともっとがんばることができるように、研究を進めていくとのこと。

世界の海にはペットボトルなどのプラスチックのゴミが毎年800万トンも流れ出ている。
このままでは、2050年までには、魚よりもプラスチックのゴミの方が、多くなってしまうらしい。

新しく見つかった細菌によって、ゴミが減らせるといいね。

こちらの記事では、プラスチックを食べる虫を紹介している。
この虫たちにも、がんばってほしいね。

『プラ食う虫~虫が解決してくれる?』
http://rakuto-toyota.jp/e406150.html

写真は、マイクロプラスチックとよばれる、小さなプラスチックのつぶたち。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月20日 06:00  学び~社会

水族館で人気のおかし~どんなおかし?

『水の人気者 お菓子に変身』 朝日新聞

愛知県にある竹島水族館。
小さな水族館だけど、そこではたらく人たちは、アイデアいっぱい。
魚を展示する方法など、いろいろなくふうをして、たくさんのお客さんをよびこんでいる。
そんな竹島水族館が、最近、たくさんの種類のおかしを売り出して、それがとても人気になっているらしい。

お菓子は、水族館にいる生き物たちをモチーフにしたものだ。
どんなものがあるのかというと・・・と、ここで想像タイム。

みんなが、水族館のメンバーだったら。
いったい、どんなおかしを売り出そう?

竹島水族館には、たくさんの魚たちの他に、アシカやカピパラなどの動物もいるよ。
どんなおかしを作ったら、人気がでそう?
自由に、想像してみてね。



・・・



竹島水族館が、さいしょにおかしを作ったのは、2016年4月のこと。
そのおかしの名前は、「超グソクムシ煎餅(せんべい)」。
モチーフは、オオグソクムシ。

オオグソクムシは、日本で一番大きなダンゴムシの仲間。
ゆったりもっさりした動きが、大人気の生き物だ。

水族館の人たちが、このグソクムシを食べてみたところ、エビやカニとにたような味がした。
「これは、いける!」ということで、グソクムシを粉(こな)にして、せんべいを作ったんだ。

この「超グソクムシ煎餅」は、大人気。
どんどん売れたらしいよ。

「超グソクムシ煎餅(せんべい)」の成功で気をよくした水族館のメンバーたち。
半年後には、「超ウツボサブレ」を売り出した。

モチーフは、もちろんウツボ。
サブレには、ウツボを粉にしたものが使われている。

この「超ウツボサブレ」も大人気に・・・と思ったら、その人気はいまひとつ。
館長さんによると、魚のくさみが強いのが、人気のなさの原因らしい。

今年2018年。
「超ウツボサブレ」の失敗にめげることなく、新しいおかしが発売された。
チョコレートのおかしで、その名も、「カピパラの落とし物」。
モチーフは、カピパラの落とし物だ。

ここで、想像タイム。
「カピパラの落とし物」は、その名の通り、カピパラが落とすものをモチーフにしている。
カピパラが落とすもの。
いったい、何を落とすんだろう?
みんな、想像できる?



・・・



答えは、ウンチ。
カピパラの落とし物って、ウンチのことだったんだね。

でも、さすがに本物のウンチは食べられない。
そこで、チョコレートで形をまねしたんだって。

カピパラの形をしたパッケージで、おしりのところからチョコレートのおかしが出てくるらしい。
なるほど、それは、ウンチっぽいね。

「カピパラの落とし物」は、大人気。
とてもよく売れているらしいよ。

写真は、竹島水族館にて。
展示のしかたがくふうされていて、小さいけれどとても人気がある水族館だ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月13日 06:00  学び~社会

レッド・ペッパー~いったい、どんな食べ物?

カプシカム・ペッパー、レッド・ペッパー、チリ・ペッパー 。
英語では、こんな名前でよばれている食べ物があるよ。
いったい、何だと思う?
ヒントは・・・からくて、赤い。



・・・


答えは、唐辛子(とうがらし)。
コンビニなどで、唐辛子を使ったからいお菓子が売っているよね。
みんなは、からい食べ物、好き?

唐辛子の「唐」は、むかし中国にあった「唐」という国の名前だ。
唐辛子は、中国からやってきたものなんだね・・・と思ったら、そうでもない。

唐辛子は、もともとアメリカで育っていたもの。
それをヨーロッパに持ち帰って、世界中に広めたのは、探検家として有名なコロンブス。

コロンブスは、唐辛子をこしょう(英語でペッパー)の仲間だとかんちがいして、レッド・ペッパーとよんだ。
以来、唐辛子は、こしょうの仲間でもないのに、英語ではレッド・ペッパーとよばれている。

そんな唐辛子が、日本ではなんで唐辛子、つまり「唐の辛子」とよばれているのか。
むかしの日本人にとっては、世界からやってくるものは、なんでもかんでも「唐」のものだという感覚があったみたい。
世界=大陸=唐、そんな感じでいたのかもね。
だから、唐辛子は、「唐の辛子」というよりは、「世界からやってきた辛子」というような意味なんだ。

唐辛子には、カプサイシンという成分がふくまれている。
このカプサイシンが、唐辛子のからさのみなもとだ。

カプサイシンは、とてもからい。
そのいりょくは、ひふや内臓(ないぞう)の粘膜(ねんまく)をきずつけてしまうほど。

カプサイシンが目などに入ってしまった日には、とんでもないことになる。
だから、猛獣(もうじゅう)や悪い人たちから身を守るために使われることもある。

ここで、今回のニュース。

『「世界一辛い」トウガラシで脳血管にダメージ、男性入院 米』 CNN

アメリカのニューヨーク。
ここで、唐辛子の大食い大会が開かれたらしい。

その大食い大会に登場したのが、とんでもないからさの唐辛子。
「キャロライナ・リーパー」とよばれるその唐辛子。
そのからさは、よくある唐辛子の400倍。
世界一からいと、もっぱらの評判だ。

その大食い大会で、事件発生。
「キャロライナ・リーパー」を食べた男性が、はげしい頭痛にみまわれて、病院にはこばれてしまった。
「キャロライナ・リーパー」を食べたしゅんかん、首から頭にかけて、はげしい痛みにおそわれたらしい。
記事によると、その男性は、数日の間、入院することになったんだって。

唐辛子にふくまれるカプサイシンには、血管をせまくする作用がある。
男性のいたみは、この作用によるものらしい。

こんな話を聞くと、からすぎるものを食べるのも、考え物だね。
普通に売っているものならば、ぜんぜんだいじょうぶ。
でも、食べすぎには要注意だ。

写真は、唐辛子の畑。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月12日 06:00  学び~社会

時代とともに変化する~いったいどんな焼き物?

むかしむかしは、江戸時代。
江戸(今の東京)の浅草(あさくさ)に、ひとりのおじいさんがすんでいた。
おじいさんがかっていたのは、かわいいかわいいネコちゃん。
ところが、お金がないおじいさんは、なくなくそのネコを手ばなすことになってしまった。

ネコとおわかれして、すう日たったある夜。
おじいさんの夢の中に、ネコが登場。
そして、こういった。
「わたしのすがたを人形にしたら、いいことがあるよ!」

それを聞いたおじいさんは、さっそくネコの焼き物を作っり、神社で売ってみた。
そうしたら、ネコの焼き物はたちまち評判になり、おじいさんは、お金持ちになった。

こうして生まれた焼き物。
知っている子も多いと思うんだけど、みんな、想像できる?
どんな、焼き物?



・・・



答えは、招き猫(まねきねこ)。
招き猫のはじまりは、おじいさんのお話し以外にもいくつか考えられていて、どれが本当かはわからない。
でも、おじいさんのお話しが本当だとしたら、招き猫をかざっておくことで、とてもいいことがありそうだよね。

招き猫は、商売繁盛(しょうばいはんじょう)を願う、縁起物(えんぎもの)。
かざっておけば、お金がたくさんもうかるといわれている。

そんな招き猫。
もともとは、農業や養蚕(ようさん)をする人たちが作ったといわれている。

農作物などを食べるネズミをやっつけてくれるネコは、農家の人たちにとっては、それはありがたいものだった。
だから、招き猫を縁起物としておくようになった。

時代とともに役割がかわった招き猫。
今では、商売繁盛の縁起物として、いろいろなところにかざられている。

招き猫には、右足をあげているものと、左足をあげているものがある。
右足をあげているネコは、お金をよびこむ。
左足をあげているネコは、人をよびこむ。

ここで、想像タイム。
お金をよびこむ、右手をあげた招き猫。
人をよびこむ、左手をあげた招き猫。
どちらが、よく売れていると思う?
理由も考えてみて。



・・・



最近よく売れているのは、右手をあげた招き猫。
お金をよびこんでくれる方だ。

むかしは、左手をあげた招き猫の方が、あっとう的に多かったんだって。
お金がよくもうかった時代、お金よりも人に集まってほしいって、みんな考えていたんだね。

お金をもうけることがむずかしい時代になった日本。
いつのころからか、右手をあげた招き猫の方が売れるようになったらしいよ。


さて、ここで、新聞の記事を。

『世界最大級の招き猫も、世相反映し進化 愛知・常滑』 朝日新聞


愛知県の常滑市(とこなめし)。
日本一の招き猫の産地だ。

2015年12月、その常滑に、イオンモール常滑ができた。
その中におかれている招き猫が、とてもすごい。

何がすごいかっていったら、その大きさ。
高さは、なんと6.5メートル。
世界で一番大きな招き猫だと言われている。

大きな招き猫は、みんなの人気者。
近くに中部国際空港があることもあって、外国の人たちにも人気のスポットなんだって。
これは、一度、行ってみたいね。

写真は、イモンモール常滑の招き猫。ウィキペディアより。
大きいね。

お金をよびこむ、右手をあげた招き猫。
人をよびこむ、左手をあげた招き猫。
みんなは、どっちがほしい?





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月06日 06:00  学び~社会

ヒレアシ選手権~いったいどんな選手権?

去年2017年の秋、全国の水族館で行われていた総選挙について紹介したよ。

『水族館で総選挙~いったい何の選挙?』
http://rakuto-toyota.jp/e419305.html


そう、カワウソたちの総選挙だ。
この選挙の結果は、ごらんのとおり。

1位 ブブゼラ 伊勢シーパラダイス
2位 やまと  サンシャイン水族館
3位 カエデ  盛岡市動物公園

われらが愛知県から選挙にでた2匹は、こんな感じ。

9位 ココ&ヒナタ 東山動植物園


そして、今年2018年。
全国の水族館の人気者たちが、またまた人気をきそうことになった。
その名も、「第1回ヒレアシ甲子園」。

なんでも、ヒレアシをもった動物たちが、芸のすごさをきそうらしい。
ヒレアシを持った動物って、いったいどんな動物?
みんな、思いつくものをあげてみてね。



・・・



ここで、新聞記事のタイトルを。

『アシカ・アザラシ・セイウチ 一芸日本一を競う』 朝日新聞

今回、人気をあらそうのは、アシカやアザラシ、そしてセイウチたち。
みんなみんな、ヒレアシを持っている。

今回エントリーされているのは、全国の47の動物園・水族館でくらしているヒレアシくんたち47頭。
芸のおもしろさをきそいあうんだ。

有力なこうほの一匹が、伊勢シーパラダイスのセイウチ、ヒマワリくん。
ヒマワリくんの芸は、「闘魂注入で厄払い!(とうこんちゅうにゅうでやくばらい)」。

体重が670キログラムを超えるヒマワリくん。
そのヒレがくりだすパンチは、ものすごい。
ヒマワリくんが、ばしっと人の背中をたたくと、みんな思わずよろけてしまう。

そんなヒマワリくんの一撃で、厄(やく)、つまりいやなことを吹き飛ばしてしまう。
これは、すごい芸だね。


豊橋総合動植物公園から参加するのは、ゴマフアザラシのもなかちゃん。
一芸は、「キョロ目」。

アザラシの目は、普通は黒目だけみえていて、白目の部分は見ることができない。
ところが、もなかちゃんは、生まれつき白目の部分が見えている。

そのかわいいお目目で、きょろきょろっとされると、かわいすぎて、みんなめろめろになってしまうらしい。
こちらも、きょうれつな一芸だね。


ヒレアシ甲子園には、他にもたくさんのライバルたちが出場。
あつい戦いをくりひろげる。

ヒレアシ甲子園の投票は、今年2018年4月15日まで。
こちらのサイトから、投票できるよ。
http://www.sunshinecity.co.jp/campaign/cp/ikimonoaz_hireashi-koshien/


写真は、この春休みにおでかけしたのとじま水族館で出会った、アザラシのキューくん。
ヒレアシ甲子園にエントリーしているよ。
みんなも、お気に入りのアザラシたちに投票してみよう。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年04月01日 06:00  学び~社会

うその新年!?(再掲)

今日4月1日は、エイプリルフールだね。
みんな、誰かにうそをついたりする?
今日は、一昨年の記事で、エイプリルフールの由来を紹介するね。

------------------------------

その昔。

ヨーロッパでは、3月25日が新年だった。
いまみたいに、1月1日じゃなかったんだ。

毎年、3月25日に新年を迎えたヨーロッパの人たちは、大喜び。

「これはめでたい!」と、4月1日まで一週間くらいお祭り騒ぎ。


1564年のこと。

フランスに、シャルル9世という王様がいた。

この王様、「1月1日が新年の方が、よいんじゃない?」と思ったらしい。
そこで、「1月1日を新年とする!」と決めてしまった。


これを聞いて、フランスの人たちはびっくり。
前のままの方が良いという人たちが、たくさんいたんだ。

で、その人たちが集まって、新年のお祭りの最後の日だった4月1日を、「うその新年」の日した。

「うその新年」の日には、王様の決定にさからう人たちが大集合して、バカ騒ぎの大騒ぎ!


これを見た王様。

「なんでおいらの言うことをきかないんだーーー!」と怒り心頭。

ばか騒ぎしている人たちを、かたっぱしから捕まえて、処刑してしまった。
中には、13才のかわいい女の子いたんだけど、彼女も一緒に処刑した。


これを見たフランスの人たち。

王様へ「何をするんだ!」と、こちらも怒り心頭。

毎年、4月1日を「うその新年」と決めて、お祝いするようになった。


うその新年なので、みんなでうそをつく。
そう、これがエイプリルフールのはじまりだ。


さらに。

1564年から13年毎の4月1日は、「うそのうその新年」とした。

13年に一度やってくる「うそのうその新年」の日。
この日は、絶対うそをついてはいけない一日。
13才で処刑された女の子を忘れないために、こういう日を作ったんだ。


月日が流れ・・・

「うそのうその新年」の日は、人々から忘れられつつある。

「うその新年」の日は・・・
エイプリルフールとして、世界中で知らない人がいない広まった。

参考までに。
エイプリルフールの由来は、この話だけではなく他にもあって、どれが本当からわからないんだって。


さて、そんなエイプリルフール。

みんな、うそをついたかな?
今年は、インターネットや雑誌など、いろんなところで、楽しいうそがいっぱいだったよ。
中には、うそがリアルすぎて、ごめんなさいをした雑誌もあるみたい。


僕はというと・・・

2年生の女の子に、ころっとだまされちゃった。

「わたし、お父さんの仕事の関係で、アメリカに行くことになったの。」
そういわれて、あっという間に本気にしちゃった。

「そうなんだ。で、いつくらいにアメリカに行っちゃうの?」
「明日!」

あ、明日ですか(^_^;)
ということで、うそがばれました♪


写真は、桃畑。
桜もいいけど、豊田市といえば桃も有名だよね。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年03月31日 06:00  学び~社会

草取りはまかせてね!?(再掲)

RAKUTO豊田校は、平成30年3月26日(月)~平成30年3月31日(日)まで、春期講習ウィークのため、通常レッスンはお休みです。
ブログは、過去記事を再掲します。

今年2018年春、ぼくの長女が高校に入学します。
入学、そして春といえば、桜。
今年は、早めに咲きそうな予感。
今回は、”桜”をキーワードに、むかしの記事を探してみたよ。


----------------------------------------


公園の除草はxxにお任せ…費用は人の半分 読売新聞


春まっさかりの、この時期。

公園や学校の校庭、空き地では、雑草がどんどん伸び始める。
とってもとっても、キリがないくらい。
どんどん生えてくる。

困ったもんだね。


おとなりの岐阜県。

美濃加茂市(みのかもし)の公園でも、たくさんの雑草に困っていた。

年に2回、雑草をとる作業を行う。

作業をしてくれる人へ払うお金。
とった雑草を処分するお金。
なにかと、お金がかかって、とても大変。

そうして困っていたところに、とてもナイスなアイデアが!

雑草のとり方をこの方法に変えたところ、かかったお金は、いままでの半分に!
すごい!

いったい、どんな方法なんだろう?

答えは、案外かんたんなんだ。
みんな、想像してみて。

ヒントは・・・
人間ではなく、他の生き物に手伝ってもらう。

さあ、想像してみよう!


・・・


答えは、ヤギさん。

40匹のヤギさんを用意して、彼らに草を食べさせる。

草が大好きなヤギさんは、大喜び。
どんどん食べる。

ヤギさん10匹で、トラック1台分の雑草を食べてくれるらしい。

食べちゃうので、今までみたいに、とった雑草を処分する必要もない。
運ぶためのトラックもいらないし、燃やす必要もない。
燃やさないということは、むだな二酸化炭素を出さないということにもつながる。


さらに。

ヤギのおしっこやうんちは、桜など公園内の木の、肥料になる。


さらにさらに。

ヤギを見たさに、公園を訪れる人が増えている。


すごいね。
一石二鳥どころか、三鳥、四鳥だ!

がんばれ、ヤギさん!!

写真は、ヤギさん。ウィキペディアより。
うちのお庭の雑草も、食べてほしいなぁ(^_^;)




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ