愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2017年11月20日 14:03  ご案内

RAKUTO豊田校前の道路工事が完了しました

北街区再開発にともない工事を行っていたRAKUTO前の道路(市道一号線)の工事が終わり、本日から通行できるようになりました。
あわせて、柏屋呉服店横の駐車場も使えるようになっています。
満車の際は、KITARA地下駐車場や喜多町駐車場をご利用ください。3時間無料のスタンプを押させていただきます。
なお、市道一号線は、東から西への一方通行となりますので、お気を付けください。

また、11月25日(土)および26日(日:クリスマスチャリティの日)は、KITARAオープンイベントのため、道路が混雑する可能性がありますので、ご注意ください。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月20日 11:20  教室点景

先週の教室より~ばか将軍のセントラルイメージはどんな感じ?

11月のホップ歴史は、足利義政。
史上最悪の将軍の登場だ。
セントラルイメージは、どんなのかいたっっけ・・・って、えらい小さいけど、よくみるとすごい絵だな。
「ばか将軍」がテーマだね(^^)/




ステップ国語は、芥川龍之介の『杜子春』の読解。
先週は、いよいよ最終回。。
「声を出すな!」と言われていた杜子春。
ついに、声をもらしてしまう。
いったい、どうなるの?
面白かった杜子春の物語も、これでおしまい。
今週からは、宮沢賢治シリーズです(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月20日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~金のくびかざり(小学2~3年生)

10月のホップ国語は、『金のくびかざり』。
メインのワークは、マインドマップを使ったあらすじ整理。

「いつのお話しだっけ?」

「クリスマス!」

「舞台は、どこ?」

「家、よし子さんの家!」

「ネコは、何してる?」

「見張ってる!」

「どこで?」

「屋根の上!」

「何を見張っているの?」

「サンタクロース!」

テンポよく、言葉をブランチにのせていきました(^^)/





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月18日 06:00  学び~社会

どうぶつ総選挙~新しい選挙で1位になったのは?

『どうぶつ総選挙、1位は・・・ 東山動植物園』 朝日新聞

愛知県にある東山動植物園。
2年に1回、動物たちの人気投票が行われる。

去年の人気投票では・・・
と、ここで想像タイム。

東山動植物園には、たくさんの動物がいるよ。
かっこいいライオンやトラもいれば、かわいいペンギンもいる。
他にも、キリンやカバ、ゾウ、ゴリラ、コアラもいる。

その中で、みんなに大人気の動物って、いったい何?
ベスト3を予想してみて。



・・・



こちらが、昨年2016年の投票結果。
ベスト3は、ゾウにコアラ、そしてゴリラだった。

 1位 3520票 ゾウ
 2位 3466票 コアラ
 3位 3389票 ゴリラ
 4位 2980票 キリン
 5位 2585票 ライオン
 6位 2138票 ペンギン
 7位 1969票 トラ
 8位  878票 シンリンオオカミ
10位  697票 カバ


今年2017年は、動物たちの人気投票が行われる年ではない。
しかし、東山動植物園では、あたらしい人気投票を考えた。

今まで行われていたのは、動物の種類ごとの人気投票。
投票するのは、「ゾウ」とか「コアラ」、「ゴリラ」など。

今年行われた人気投票は、動物の種類ごとではなく、動物1頭1頭に対して行われた。
「ゾウ」ではなく、「ゾウの××くん」といった感じだ。

集まった票は、2951票。
そして、1位になったのは・・・

去年から今年にかけて、結構話題になったイケメンくんだ。
いったい、どんな動物?
みんな、わかる?



・・・


1位は、ゴリラのシャバーニ。
イケメンゴリラとして、とても有名になったんだ。

『東山動物園の人気投票~ゾウとコアラに新たなライバル出現!』
http://rakuto-toyota.jp/e387623.html


2位は、フクロテナガザルのケイジ。
こちらは、かわった鳴き声で有名になった。

『おっさんの叫び~いったい、どんな動物?』
http://rakuto-toyota.jp/e414800.html


3位は、ユキヒョウのユキチ。
白い毛が、とても美しい。

こうやって、動物たちの名前が出てくると、その動物に会いたくなるよね。
東山動植物園、行ってみたいね。

写真は、東山動植物園のゾウさん。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月17日 06:00  学び~理科学び~社会

海にあふれるプラスチックのゴミ~その対策は?

おととし2015年に、海がプラスチックのスープになっちゃてるよという記事を書いたよ。

『プラスチックのスープ~海をよごす悪い奴 』
http://rakuto-toyota.jp/e331987.html

人がすてたプラスチックのゴミ。
ペットボトルやレジぶくろ。
まちの中をながめてみすと、たくさんのゴミがある。
そんなゴミたちが、風にふかれたり、川にながされたりして、やがてたどりつくのが、海だ。

海に流れ出たプラスチックのゴミたちは、波にもまれたり、太陽の紫外線(しがいせん)にあたったりして、やがてこなごなになってしまう。
目で見ることもむずかしいくらい、こなごなになったプラスチックは、当然のように魚の体の中にとりこまれる。

そして、今年2017年10月、朝日新聞には、こんな記事がのっていたよ。

『魚の4割からマイクロプラスチック検出 本州各地で採取』 朝日新聞

京都大学の研究チームは、昨年2016年から、日本全国で、魚の調査を行った。

行った場所は、次にあげる6つのエリア。
宮城県  女川湾(おながわわん)
神奈川県 東京湾
福井県  敦賀湾(つるがわん)
滋賀県  琵琶湖(びわこ)
兵庫県  大阪湾
三重県  英虞湾(あごわん)、五ケ所湾(ごかしょわん)

調べた魚は、7種類197匹。
これらの魚のおなかの中に、小さなプラスチックのゴミが、どれくらいあるかを調べたんだ。

その結果、およそ40パーセントにあたる74匹の魚から、小さなプラスチックのゴミが140個見つかった。
特に多かったのが、カタクチイワシ。
東京湾では、80パーセント近いカタクチイワシから、プラスチックのゴミがみつかった。

これだけたくさんの魚の中に、プラスチックのゴミがある。
とうぜん、これらの魚を食べる人の体の中にも、プラスチックのゴミが入っていくことになる。
ゴミは、0.1ミリメートルよりも小さなものなので、口に入っても気が付かない。

これらプラスチックのゴミは、人の体には悪さはしないので、健康には影響はない。
とはいえ、気持ちのよいものではないよね。

ゴミをへらすことが一番の対策なんだろうけど、他によい方法はないものか。
・・・と思ったら、今度は、こんな記事が。

『海の微生物が分解するプラスチック カネカが開発』 朝日新聞

日本のカネカという会社が、特別なプラスチックを開発したんだって。
どこが特別かというと、このプラスチック、なんと海の微生物(びせいぶつ)たちによって、分解することができるらしい。

プラスチックの名前は、「PHBH」。
もしもゴミとして海に流れ出ても、6か月もすれば、その90パーセントが水と二酸化炭素(にさんかたんそ)に分解されるんだって。
これなら、安心だね。

カネカの新しいプラスチック、たくさん使われるといいね。

写真は、マイクロプラスチックとよばれる、小さなプラスチックのつぶたち。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月16日 06:00  学び~社会

同姓同名が大集合~日本一多いのは、どんな名前?

『同姓同名、大集合の魅力 日本で最多の名前は?』 朝日新聞

同姓同名(どうせいどうめい)って、名字も名前も一緒の人ということだよね。
同姓同名が、大集合。
いったい、どんなニュースなの?
・・・

今年2017年10月28日。
東京の渋谷(しぶや)に、87人の人たちが集まった。

集まったのは、みんな、「田中宏和(たなかひろかず)」さん。
自己紹介では、会場のあちこちで、「たなかひろかずです。」という声が。

弁護士(べんごし)の田中宏和さんに、美容師の田中宏和さん、明石(あかし)からやってきた田中宏和さんに、大阪からやってきた田中宏和さんなどなど、いろんな田中宏和さんが集まったんだ。
中には、元プロ野球選手の田中宏和さんもいたらしいよ、


同姓同名の人たちが一番たくさん集まったのは、12年前のこと。
アメリカで、マーサ・スチュワートさんが集まった。
この集まったマーサ・スチュワートさんは、164人。
世界記録として、ギネスブックに登録されているよ。

それにしても、同姓同名の人って、そんなにいるものなのかな?
みんなの学校は、どう?
同じ名字、同じ名前の人、いる?

もしもいたら、いろいろと困ることも出てきそうだよね。
みんなが住んでいる町、学校の中、いろいろなところで、自分とまったく同じ名前に人がいたとする。
困っちゃいそうなこと、何かない?
みんな、ちょっと想像してみて。



・・・



ぼくの名前は、伊藤圭(いとうけい)。
もしも同じ伊藤圭さんが周りにたくさんいたら・・・。

学校で先生に「伊藤圭さん!」と呼ばれたら、何人かがいっせいに立ち上がったり。
病院の待合室でも、同じようなことがおこりそう。

新聞の記事によると、そんなふうに別の人と間違えられてこまっちゃった例ものっていたよ。
1929年、東京にすんでいたある人は、仕事を探しておとずれた会社から、やとうのをことわれてたんだって。
その理由は、その人が、悪いことをしたことがある犯罪者(はんざいしゃ)だということ。
しかし、それは間違いで、たまたま同じ名前の人が、犯罪をおこしていたんだって。

佐賀県では、ある選挙に、同じ名前の人が立候補。
投票する時は、投票用紙に名前をかくのだけど、どちらの人に入れたのかわからない票が、800もあったらしい。
中には、「はげの〇〇さん」とか、「かっこいい方の〇〇さん」なんて書かれた投票用紙もあったらしいよ。

そもそも、日本に住んでいる人の中で、同姓同名の人って、何人くらいいるんだろう?
一番多い名字や名前は、どんなものなんだろう?

名字や名前についてくわしい森岡さんによると、「公式なデータがないので、わからない。」らしい。
ただ、1990年代に森岡さんが調べた時は、「田中実」さんが3000人で一番多かったみたい。

また、1986年に明治生命という会社が調べた時は、こんな結果だったらしいよ。
 1位 佐藤和子
 2位 鈴木和子
 3位 鈴木幸子
 4位 佐藤幸子
 5位 高橋幸子
 6位 高橋和子
 7位 佐藤洋子
 8位 高橋清
 9位 鈴木茂
10位 佐藤進


みんなの周りには、どんな名前のお友達がいる?
たくさん同姓同名がいそうな名前、ありそうかな?

ちなみに、ぼくは、伊藤圭。
小学生のこと、同じクラスに、伊藤桂子さんがいて、たまにまちがわれたことがあるよ。

写真は、豊田スタジアムにて。
プロ野球選手とか、プロサッカー選手と同じ名前の人も、いそうだよね。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月15日 13:53  短期講習

冬休み キミは、つくって学んで夢中になる!~2017冬期講習のご案内

2017冬期講習のご案内です。
各クラス8名の定員となっております。
ご検討いただいている方には、早めのお申込みをおすすめします。


★★★ 内容 ★★★

<算数>
『速さのグラフを絵本にしよう!』
公式を覚えるのではなく、「速さ」というものを目に見える形にして、体感します。
工作では、速さのグラフから作ったお話を、飛び出す絵本にします。

<作文>
『2017年のスクラップブック』
新聞記者になって、2017年のニュースを振り返り、意見作文としてまとめます。
「文章で自分の考えを伝える」ことの楽しさを、子どもたちに伝えます。

<社会>
『歴史カルタ』
心がおどる歴史の時間。
旧石器時代から古墳時代までを通史で学び、現代までつながる時代の流れをカルタにします。

★★★ 日程 ★★★

<前期>
 12月24日(日)・25日(月)
   9:30~11:40 算数
  13:00~15:10 作文
  15:30~17:40 社会

<後期>
 12月27日(水)・28日(木)
   9:30~11:40 作文
  13:00~15:10 算数
  15:30~17:40 社会

※お申込みの締め切りは、各講座の1週間前となっております。



★★★ 定員 ★★★
 各クラス8名となっております。
 お申込みは、お早めにお願いいたします。

★★★ 受講料 ★★★
<算数:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,080円
 ------------------------
 合計:14,040円(11,880円)

<作文:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,080円
 ------------------------
 合計:14,040円(11,880円)

<社会:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,080円
 ------------------------
 合計:14,040円(11,880円)


 ()内は、RAKUTO生向け価格
 複数講座受講時には、割引があります。
 詳細は、お問い合わせください。

★★★ お申込み・お問い合わせ ★★★
お申込み・お問い合わせは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込み・お問い合わせの方は、下段の「お問い合わせ・お申込み」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
  <お問い合わせ・お申込み>


写真は、今年の夏期講習より。
勉強と工作を、目いっぱい、楽しんでます♪









⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月15日 13:33  教室点景

先週の教室より~「天気」って、なにもの?

11月のホップ理科は、『天気』。

「天気って、何?」

「晴れとか、雨とか、曇りとか。」

「つまり何?」

「・・・」

「じゃあ、天のつく言葉を、たくさん出してみて。それが終わったら、気のつく言葉ね。」

初週となる先週は、「天」のつく言葉、「気」のつく言葉を出し合って、「天気」の意味を考えました(^^)/





ホップ体感算数は、『かさ』。

まずは、コップに入った水の量くらべから。
幅の広さがじまんのかさ子さん。
高さがじまんのかさおくん。

「たくさん水が入るのは、どっち?どうすれば、わかる?」

「飲んでみる。おなかいっぱいになった方が多い。」

「人にぶっかけてみる。」

「科学者に依頼する。」

・・・きみら、最高の発想力だね(^^;





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月15日 06:00  学び~社会

2020年五輪マスコット~いよいよ投票が始まるよ♪

『2020年五輪マスコット 小学生の選択は?』 朝日新聞

2020年に開催予定の、東京オリンピック。
今年2017年も11月に入り、マスコット選びもおおづめをむかえている。

今回、応募があったのは、2042案。
そのうち、9月末までに、16案にしぼられた。

そして、10月13日。
会議が行われ、3つの案にしぼられた。

この3つ、会議に参加した人たちから、ダントツの人気だったらしい。
会議に出た夏野さんによると、「ゆるキャラほどは、ゆるくない。」らしい。
同じく会議に出た生駒さん(いこまさん)によると、「日本ならでは。カワイイ文化のものだけど、かっこいい。」らしい。
そして、2人ともに、「過去の大会よりもレベルは高い。」とのこと。

いったい、どんなキャラクターなんだろう?
気になるね。

えらばれた3案は、にたようなものがないかどうかをしっかりと調べたあと、12月に公表される。
そして、いよいよ、小学生のみんなの出番だ。

えらばれた3案から、一番いいものを決める投票。
それを行うのは、全国の小学生たちだ。

全国の小学校や特別支援学校およそ2万校。
クラス数およそ27万クラス。
12月から3月にかけて、クラスごとに投票を行い、1位になったキャラクターが、マスコットとしてえらばれる。

小学生のみんなが、日本を代表してえらぶマスコット。
そのマスコットのどんなところがいいのか、しっかりと言葉で説明できるようにしたいよね。
そして、他の子も意見もしっかり聞いて、話し合いをして、すてきなマスコットを選んでね。


さて、ここからは、マスコットについて。
8月にものせた記事だけど、投票前にもう一度復習しておこう。

----------------------------------------


2020年に開催される、東京オリンピック。
すったもんだのすえ、エンブレムが決まったの、覚えてる?
今度は、マスコットをどうするか、検討をはじめたらしいよ。

『五輪マスコット どうする?』 朝日新聞

朝日新聞によると、今年2017年の1月17日、東京オリンピックのマスコットを決める会議が、始まったんだって。
タレントの中川祥子(なかがわしょうこ)さんなど、14人のメンバーで会議をすすめていくんだって。

オリンピックを主催する国際オリンピック委員会(IOC)によると、マスコットを選ぶ時には、次のことに注意するようにとのこと。
・開催都市の歴史や文化を感じさせる
・ストーリーがあって、子どもたちに、わかりやすくうったえかけることができる

これらをうけて、選ばれるであろうマスコット。
いったい、どんなマスコットになるんだろう?


参考までに、いままでのオリンピックでかつやくしたマスコットたちを見てみよう。
まずは、日本のオリンピックから。

1998年の長野オリンピック。
大切にしたのは、「自然との共存」。

そして、選ばれたマスコットは、「スノーレッツ」。
森にすむフクロウたちをテーマにした、かわいいマスコットだ。


海外のマスコットもみてみよう。

昨年2016年のリオオリンピック。
ここでかつやくしたのは、「ビニシウス」と「トム」。

動物と植物をミックスした、ちょっとかわったマスコット。
自然が豊かなブラジルらしい、マスコットだね。


2014年のソチオリンピック。

こちらのマスコット、3種類の動物たち。
ユキヒョウとホッキョクグマ、そして野うさぎだ。
この時は、「ホッキョクグマがこわすぎる!」って、話題になったんだよ。


2012年のロンドンオリンピック。
こちらのマスコットは、「ウェンロックとマンデビル」。

動物たちをモチーフにするマスコットが多い中、「ウェンロックとマンデビル」は、かなり変わっている。
見た目は、一つ目こぞう。
顔の真ん中に、大きな目がぎらり。
頭には、タクシーのライトがついている。

オリンピックスタジアムの鉄くずのしずくから生まれたという設定だ。
このキャラクターは、「ぜんぜんかわいくない!」ということで、あまり人気がなかったみたい。


2020年の東京オリンピック。
いったい、どんなマスコットになるんだろう?
せっかくだから、みんなも、一緒に考えてみよう。


まずは、テーマ。

動物?
植物?
それとも、街の中にある建物など?
歴史上の人物もありかな。


テーマを決めたら、もう少し具体的にしてみよう。

動物だとしたら、どんな動物かな?
東京に市場の多く住んでいる野生の動物といえば、タヌキだっけ?
他に、東京らいし動物、なにかある?
いろいろ考えて、絵にかいてみよう。


具体的なイメージができあがったら、それにストーリーを付け加えよう。

どこで生まれて、どうやって育ったの?
家族や恋人は?
趣味は何?
などなど。

どう?
面白いマスコットができたかな?

写真は、2012年ロンドンオリンピックのマスコット、ウェンロックとマンデビル。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2017年11月13日 06:00  みんなのマインドマップ

みんなのマインドマップ~星(秋・冬)(小学3年生)

10月のホップ理科は、『星(秋・冬)』。

「地球から見える星の中で、一番明るい星はなんだっけ?」

「シリウス!」

「ちがーう。」

「えー、シリウスが一番明るいって、言ってたじゃん!」

「星は、一等星ばかりではなーい。」

「太陽?」

「せいかーい!じゃ、2番目は?」

最後の週は、星の明るさをネタに、楽しく勉強しました(^^)/






⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ